インドシナニュース

カンボジア:GMACのJohn Cha氏がアパレル業界を詳細に語る(前)

アパレル・履物産業は、カンボジア経済において依然重要な役割を担い続けており、その輸出額は全体の70%以上を占める。しかし賃金の上昇、低い労働生産性、アジア各国との競争激化など国内外の課題に直面し、ますます大きな圧力に晒されている。

カンボジア縫製業協会(GMAC)の役員を務めるJohn Cha氏は、こうした課題に取り組むためには、すべてのステークホルダーからの強いコミットメントと、業界の競争力強化に向けた明確な行動計画が必要と指摘した。彼は、クメールタイムズ紙のMay Kunmakara記者と対談し、アパレル業界の過去、現在、そして未来について語った。



KT:あなたは世界のアパレル・履物産業の現状についてどのようにお考えですか?

Cha氏:20162017年にかけて、世界トップ10のアパレル・履物製品輸出国からの出荷額は、年率4~5%の伸びを続けるなど安定して推移しています。これは主に革新的なデザインに対する需要と、アジア太平洋地域での消費者、特に中産階級の増加によってもたらされていると考えます。

 

KT:カンボジアのアパレル産業について、現在の景況感と2018年の見通しはいかがでしょうか?

Cha氏:全体としてカンボジアからの出荷額は、主として旅行用品と履物部門が好調であったため、2017年はわずかに増加しました。この傾向は2018年にも続くと予想されます。

また、昨年閉鎖された縫製工場は非常に少なく、一方で同時期にかなり多くの新工場が稼働を開始しました。我々はまた、国内にあるいくつかの大規模工場において、その生産能力が増強されたという報告を受けています。この生産能力の拡大は、特に旅行用品と履物部門において顕著ですが、これらの部門は今後も成長が続くと期待される分野です。

 

KT:近年における大きな課題は何ですか?また近い将来に、その課題は変化していくとお考えですか?

Cha氏:もちろん世界は絶え間なく変化し、ビジネス環境は常に進化し続けています。一方でカンボジアでは、不法ストライキと過激な労働組合活動で混乱した時代は過ぎ去ったと見られます。このことは、労働運動が成熟してきたことや、紛争解決のための三者協議メカニズムが有用性に起因します。この三者協議メカニズムを有効に機能させために多くの労力が費やされてきました。雇用者(特にGMAC)、政府(主に労働省)そして労働組合は、状況を改善するために努力をしてきました。また幸運なことに我々は、国際労働機関(ILO)を推進役として迎い入れ、国民との対話において常に労働者の福祉と産業の調和について取り上げているHun Sen首相の支持も得ることもできました。

 

KT:最大の競合国と見られるバングラデシュ、ミャンマー、ベトナムなどと比較して、我が国のアパレル産業はどのように優れているとお考えですか?

Cha氏:各国はそれぞれの価値を提案していますが、カンボジアには運営と財務両面で、投資家にとって好ましい独自の優位性とビジネスチャンスがあります。我々がこれから実施していきたいと考えているのは、潜在的な投資家にとってこうした条件がより魅力的なものになるよう、政府と協力していくことです。

 

(後編につづく)



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年04月28日

このページのトップへ戻る