インドシナニュース

カンボジア:農薬散布のため、縫製工場で集団失神発生

警察によると、カンポンチャム州の80人の縫製工場服労働者は、近くの水田に散布された農薬のために、昨日朝に気絶した。

警察は、その後、工場への労働者の気絶の原因なるので、農家に週末に殺虫剤を噴霧するように指示した。

国家社会保障基金(NSSF)は、Batheay地区のLi Qiang Corp工場の労働者は、次々と80人が失神したと述べた。

労働者は治療のためBatheay地区の紹介病院に送られた。

Batheay地区警察署のRon Ratana氏は、クメール・タイムズに、米に噴霧された化学物質の臭いが、労働者の気絶の原因だと語った。

「労働者は頭痛を覚え、めまいがあり、嘔吐しましたが、紹介病院で治療を受け、全員退院しました」

工場従業員を病院に送った後、地区の代表、地方警察長官、地区長官は、労働時間中に農薬散布を控えるように工場近くのすべての農家に田んぼを知らせる通知を送った。

「当局は、今日起こったような事件を避けるために労働者が働いていない週末に農薬や殺虫剤を散布するよう農家に伝えました。

地元当局は、農家が農作物を保護するために農薬を散布することを禁止することはできなかったが、やり方を改善するよう助言できたと付け加えた。農民はこの通知に従うことに同意した。

Ratana氏によると、工場経営者は労働者が一日休養をとることを許可した。

Li Qiang社の工場関係者はコメントできなかった。

Ratana氏は、「健康が弱い」ために、化学物質の強い臭いだけでも気分が悪くなり失神している可能性があると主張している。

今月初旬、カンポン・スプー州のSabrina Garment Manufacturing Corpでは軽い爆発事故からパニックが起こり、労働者28人が気絶した。

NSSFの年次報告書によると、2016年の失神した労働者の数は急増し、18工場で1160人以上に達している。2015年には、14工場で646人だけだった。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年02月23日

このページのトップへ戻る