インドシナニュース

カンボジア:ストライキによる損害は2億7500万ドル

カンボジア繊維産業は賃金引き上げを要求する2週間の縫製労働者の抗議のため約2億7500万米ドルを失ったとカンボジア衣料製造協会会長Van Sou Ieng氏は、1月6日に記者会見で述べた。

器物損壊での損害は約7500万米ドルで、販売の損失が2億米ドルと見積もられると彼は指摘した。

ストライキは、既存の投資に影響しただけではなく、新しい工場数社がカンボジアを離れることにもなり、他にも何社もが原料を再輸出するつもりでいると彼は言い足した。

また、このストライキのため今年の受注については20~30%減少は避けられないと見ているとも付け加えた。

繊維産業はカンボジアの経済成長のための主要な柱である。現在、カンボジアでは、約51万人の労働者が繊維産業に従事し、500以上のアパレル縫製工場がある。

2013年1月から11月まで、カンボジアからの衣料品の輸出金額は50億7000万米ドルで、昨年同期比の41億5000万米ドルを22%上回った。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



カンボジア ジャンル:
最終更新:2014年01月23日

このページのトップへ戻る