インドシナニュース

2020年11月 のニュース一覧

カンボジア:110以上のアパレル工場が閉鎖

政府関係者は11月22日、今年最初の9ヶ月間に少なくとも110の衣料品工場が閉鎖され、5万5000人以上の労働者が失職したと発表したが、組合指導者はこの数字がもっと高くなるのではないかと心配している。

労働・職業訓練省のNgoy Rith次官は、9月初旬の時点で、アパレル、履物、旅行用品部門で111の工場が閉鎖されたと述べた。彼は、閉鎖の数は110の工場が閉鎖した昨年の最初の9ヶ月間と同程度であると付け加えた。

「これらの閉鎖により、55,174人の労働者が失業した。この失業者数は、53,226人の労働者が解雇された昨年の同時期よりもいくぶん増加している」

Rith氏は、カンボジア経済の最も重要な部門の一つである工場の操業を維持するための措置を導入することに政府は効果的であったと述べた。彼は、新型コロナ大流行やその他の要因により、アパレルの世界市場は事実上閉鎖されていたと付け加えた。

彼は、雇用契約が凍結された縫製工場の数が52に減少し、約1万4000人の労働者の収入に影響を与えていることを指摘し、雇用契約が凍結された数は徐々に沈静化していると述べた。

しかし、全国労働組合総連合のFa Saly会長は11月22日、『ポスト』紙に対し、実際の数字は労働省が発表した数字よりも高い可能性があり、より多くのカンボジア人労働者が日に日に仕事と収入を失っていると語った。

「これらの損失を評価するのは本当に難しいです。労働者はまだ生計を立てるのに苦労していて、一部の労働者は海外に移住しています。しかし、仕事がない多くの労働者がまだいますし、それ心配です」と彼は言った。

Saly は、カンボジアが1 月に始まる英国への輸入を促進する一般的関税優遇制度(GSP)プログラムの下にあるにもかかわらず、彼はまだ楽観的ではなかったと言った。

彼は真剣にこれらの問題に対処し、カンボジアの労働力によい労働条件およびより多くの仕事があることを保障するように政府を要求した。

9月下旬、政府は新型コロナ危機の影響を管理し、10月から12月までの経済を強化するための大規模な措置を展開した。

政府は、地域や世界の経済動向を調査した上で、約10億米ドルに相当する6つの景気刺激策を導入した。

景気刺激策の第一の目標は、企業を維持・回復させ、新型コロナ後の経済成長を促進できるようにすることである。

第二の目標は、現金給付プログラムを通じて、貧しく脆弱な家族の生活を支援することである。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年11月23日13:02

カンボジア:洪水により40のアパレル工場が操業を停止

カンポンスプー州とカンダル州、プノンペンのアパレル工場のうち79工場が洪水の影響を受けており、そのうち少なくとも40工場が一時的に操業を停止していると、『プノンペン・ポスト』紙は労働・職業訓練省の報道官Heng Sour氏の発言を引用して伝えた。

Heng Sour氏によると、10月17日現在、プノンペンの62工場、Kandalの13工場、Kampong Speuの4工場が洪水の影響を受けている。30以上の工場はまだ正常に稼働している。

カンポンスプー州の Choek Borin 労働局長は、地元の 4 つの工場が水没したが、サプライチェーンは影響を受けておらず、作業は通常通り行われていると述べた。

同省は、工場や労働者を支援するためのタイムリーな対応策を講じているとし、同省の145の工場はまだ稼働していると述べた。

カンボジア(GMAC) の副事務総長King Monika氏は深刻な洪水がCOVID-19 のパンデミックから多くを苦しんだGMAC のメンバー企業に重大な影響を残したと述べた。

Monika氏によると、洪水は工場の財産を損ない、生産工程を混乱させ、その結果、納期に遅れが生じるという。水が引いても、洪水の被害を受けた工場では、機械やその他の工具の点検が必要なため、すぐに再開することができなかった。

労働省は、洪水が発生しやすい地域の雇用者や労働者に対し、天候の動向を注視し、深刻な洪水の場合に備えて合理的な避難手段を概説するよう助言した。

災害管理のための国民委員会は、熱帯嵐によって悪化させた季節的な雨が国の25 の地方の19 の洪水を引き起こし、24万人の生計に影響を与え、5 人の子供を含む20人が死亡したと述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年11月02日18:11

インドシナニュース

国別

キーワードから探す

このページのトップへ戻る