インドシナニュース

2020年01月 のニュース一覧

カンボジア:アパレル・履物・旅行用品業界の75万人の仕事が危機、とGMAC

アパレルブランドと労働権団体が署名しフン・セン首相に宛てられた書簡は、政府にカンボジア労働組合法の改正を促すもので、127日に発表されたカンボジア縫製業者協会(GMAC)の回答では、「失望したし、出鱈目」とされている。

この書簡をカンボジアのアパレル・履物・旅行用品業界の信頼性に疑問を投げかけるものと、GMACは見ている。これは、業界に従事しているカンボジアの75万人の労働者の生活に影響を与えかねない。

122日の書簡に添付されている修正案は、基本原則と結社の自由の権利が私たちの業界で確立されているかどうかを決定する点を採り上げていない」とGMACは述べた。GMACの回答では、国際労働機関(ILO)の報告書で指摘されているように、カンボジアは業界に関連する問題を共有しており、政府が賃金と社会保障給付を増加させたにもかかわらず、労働と生活の状態を改善するためには依然として多くの仕事が必要であることを認識している。

さらに、関連するニュースリリースでは、近隣諸国のミャンマーおよびベトナムと比較して、カンボジアには3つの労働組合連合があり、国際労働組合連合の加盟組織である50万人以上の労働者がいる。

ミャンマーには1万人の会員がいる組織があるだけで、ベトナムには会員すらいない。

「カンボジアはまた、世界のアパレルおよび履物業界の労働者の利益を代表する10の産業組合に加盟しています。」とGMACは述べている。

また、ニュースリリースでは、GMACILOとのパートナーシップにより、カンボジアの監視、報告、透明性の確保を目的としたベターファクトリーカンボジアプログラムを確立し、継続的な改善がもたらされたと述べている。

さらに、GMACは、仲裁評議会とILOプログラムを設立する目的の1つは、国内の労使関係紛争の解決に重要な役割を果たすことであると強調している。

協会は、すべての利害関係者と協力して業界の労働条件をさらに改善するというコミットメントを表明し、組合指導部および関連する政府職員との書簡の勧告に関する継続的な議論を歓迎している。

カンボジア政府は、アパレルおよび履物業界の労働者の最低賃金を徐々に引き上げており、2020年には前年から4.4%の賃金上昇が見られた。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月31日10:50

カンボジア:政府、アパレルのバイヤーらの苦情に答える

カンボジアのアパレル部門の最大のバイヤーらは、フン・セン首相に労働組合と労働者が直面する問題に対処するよう促した。上級官僚は、現場の状況とは関係ないと述べた。

フン・セン首相宛の手紙は火曜日に送られ、アディダス、エスプリ、レヴィ・ストラウス、プーマなどが署名した。労働者の権利団体であるアメリカのアパレル&フットウエア協会と国際キリスト教労働組合連盟もこの文書に署名した。

書簡は、首相にこの分野の4つの主要な問題に取り組むよう要求した。労働組合法の改正、組合とNGOに関する法律の廃止、組合指導者に対する未解決の刑事告発をすべて取り下げ、仲裁評議会の重要な役割を尊重し、育成すること。

書簡では、バイヤーらは昨年カンボジアから95億ドル相当の商品を輸出したと述べた。

しかし、彼らは今月、労働組合法の改正により「国際労働者の権利基準に達せず、組合登録への恣意的な障害を排除できず、すべての組合が組合員を完全に代表する能力を制限した」と述べた。

「カンボジアのアパレル、履物、旅行用品セクターの信頼性が危うくなっています。私たちは、カンボジア政府にロードマップを公に提示するよう要請します。これには、上記の問題に関する国際基準に沿ったカンボジアを実現するための具体的、具体的かつ時間制限のあるステップを定め、実施する包括的な三者国家メカニズムも含まれます」

バイヤーらは、カンボジアの労働と人権状況がスキーム、特にEUの武器以外のすべて(EBA)スキームと米国の一般特恵優遇制度(GSP)の損失のリスクを抱えていると懸念していると述べた。

労働者運動組合連合のPav Sina会長は、書簡の内容は組合の要求に沿っていると述べた。

「これらの大手バイヤーは、労働条件に関しては国際基準を尊重しています。カンボジアから製品を購入することを決定する前に、彼らはサプライヤーがこれらの条件を満たしているかどうかを調べます」

「この書簡は労働者の権利と労働条件を改善する試みでした」と彼は言う。

カンボジア衣料品製造業者協会のKaing Monika副会長は、この手紙は企業に対する政治的圧力の結果であると述べた。

「私たちの業界とブランドは、労働者と組合の自由の観点からより多くのことをするという外部の政治的圧力にさらされています。自由は良いことですが、責任と説明責任のない自由はどの国にとっても壊滅的なものになるでしょう」とモニカは言いました。

彼は、購入者の多くがベターファクトリーカンボジアプログラムの積極的なメンバーであると指摘しました。ほぼ20年にわたって運営されているこのスキームは、カンボジアを安全な調達先にするために設計されているとMonika氏は述べた。

「カンボジアの衣料産業は、自身の成功の犠牲になっています。これは非常に残念です。私たちの小さな欠陥は、私たちの業績よりも良い見出しと記事を作ります。

「専門家に尋ねるか、レポートを読んでください。アセアンと南アジアのどの国の衣料産業が、カンボジアよりも労働条件と労働権と労働組合の権利が優れていますか?そんな国、ありませんよ」

Monika氏は、手紙で言及された労働者と労働組合員の逮捕は実際に法に則ったものだと述べた。これらの労働者と労働組合員は暴力的なストライキとデモを行い、他の人や財産に傷害を引き起こし、カンボジアの法律の下で刑事犯罪を構成した。

労働省と職業訓練のスポークスマンHeng Sour氏は、書簡の内容に問題を見る。

「カンボジアは、世界の他の国々と比較して、これらの分野で進歩を遂げていることをすでに示しているにもかかわらず、彼らは同じ古い問題を提起している」と彼は述べた。

Sour氏は、カンボジアが近年行った進歩を理解する簡単な方法は、王国を他の国と比較することだと言う。

「バイヤーらに、カンボジアの法律と他の国の法律を見て、比較することをお勧めします。カンボジアが一般的に他の国よりも良い状況だということがわかるはずです」

「それもせず、私たちの言うことさえ聞かないならば、何を言っても、彼らはいつも同じ古い声明で答えるでしょう」とSour氏は言った。

来月、欧州委員会はEBAスキームについて決定を下す。EUは、それを取り消すか、部分的に中断するか、または保持することが可能だ。

プノンペンでアディダス、ナイキ、およびプーマの製品を生産する工場の管理者は、工場の所有者はスキームの潜在的な損失について心配していないとポスト紙に語った。

EBAの停止は、当社の事業に大きな影響を与えません。私の工場は、関税を支払わなければならないことによるコストの増加に耐える用意ができています」と彼は述べ、EBAが停止されないことを「100%確信」していると付け加えた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月28日14:32

カンボジア:グローバルブランド各社、EU制裁の脅威の中で労働問題の改革を促す

アディダス、プーマ、リーバイスなど、世界的なアパレルおよび靴ブランドは、カンボジアの長年の指導者に、カンボジアの労働および人権に関する記録がその重要な縫製産業に対する優遇措置を失なわせる恐れがあると再度​​書簡を送った。

この書簡は、フン・セン首相の政府に対し、労働組合法を改正し、非政府組織(NGO)に関する法律を廃止し、組合指導者に対するすべての未解決の刑事告発を撤回するよう促している。

「カンボジアのアパレル、履物、旅行用品部門の信頼性が危機に瀕している」とロイターが見た手紙は述べた。

「我々は、カンボジアの労働と人権の状況がカンボジアの貿易優遇措置を失う危険を冒していることを懸念している」と彼らは付け加えた。

ロイターはコメントを求めたが、政府のPhay Siphanスポークスマンは、要求にすぐに応じなかった。

労働省のHeng Sourスポークスマンは、この書簡を見てないが、「カンボジアの法律と法的手続きに照らしてすでに対処したのに、それをまだ知らないでいる恐れがある」と述べた。

欧州連合は、フン・セン政府が野党、市民社会グループ、およびメディアを弾圧したと欧州委員会の報告書が判明した後、カンボジアを「武器以外のすべて(EBA)」の貿易優遇スキームから取り除くかどうかを来月決定する。

欧州連合はカンボジアの輸出の約半分を占めており、カンボジアの最大産業は約70万人を雇用し、国内総生産の40%を占めている。

フン・センに送られた手紙は、アディダス、リーバイス・ストラウス、ニューバランス、プーマ、ラルフローレン、アンダーアーマー、VFコーポレーション、アメリカンアパレル&フットウェア協会などの主要なアパレルおよび履物会社を代表している。

彼らは13日に行われた改正が国際労働者の権利基準に達せず、労働組合登録への恣意的なハードルを排除できず、すべての組合が組合員を完全に代表する能力を制限するため、政府に労働組合法を再度改正するよう促した。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月25日16:55

カンボジア:中国企業、綿産業に「数百万ドル」を投資

中国の企業は、カンポン・スプー州の綿花産業への「数百万ドル」の投資に注目していると、Vei Samnang知事は1月19日にThe Postに語った。カンポン・スプー地方のホールで会社の代表者に会ったと言った。 「中国の大手企業で、私の省への投資の可能性に関する調査を既に実施しています」と彼は言い、作物の栽培と加工に興味があると述べた。「彼らは州の3万haに数百万ドルを投資するでしょう」と彼は言った。Samnangは、このプロジェクトが他の中国人投資家を同州に誘致すると述べた。 「カンポンスペウの農業産業にとって大きなプロジェクトです。」彼は会社の名前を明かさず、投資される資本に関する具体的な数字も提供しなかった。 「州当局は、土地所有者と土地を結び付け、事務処理を促進することで、土地の購入を支援します」と彼は言う。Samnang知事は、州内の利用可能な農地は不足しており、民間企業や家族が所有する稲作耕地は約11万haを占めると指摘した。また、州にはサトウキビ専用の約4.5万haとマンゴー専用の45万haがある。農務省のNgin Chhay局長は、日曜日にコメントのために連絡できなかった。昨年7月、江蘇Lianfa Textile Co Ltdと呼ばれる中国の会社は、パーサット州で綿の栽培と加工に投資し、縫製工場に供給する計画を発表した。同社は作物の予備試験に成功し、バカン地区の180haで2回目の試験を準備している。フランスによって設立されたカンボジアの綿産業は、1965年から1975年の間に繁栄し、毎年何千ヘクタールの作物が収穫された。しかし、ほぼすべての農業資源が米の生産に割り当てられたクメールルージュ時代には、産業は衰退した。ポルポト政権の下で綿花の生産は継続したが、市場の欠如と長年の昆虫のfest延により、カンボジアの農民は1985年までにそれをあきらめた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月22日16:01

カンボジア:第4次産業革命に入る繊維工場

グローバルなファッション技術プラットフォームZilingoは、カンボジアの縫製工場に新しいデジタル化をもたらすために、カンボジアの縫製業者協会(GMAC)およびカンボジア縫製研修所(CGTI)と協力する。

タイでインド人によって設立され、現在シンガポールに本社を置くZilingoは、工場がファッション業界の主要なプレーヤーとしての地位を維持できるように、グローバルなファッション技術や最先端のソリューションを提供している。。

Zilingoのカンボジアでの存在は、カンボジアの縫製工場が効率を向上させ、欠点を減らすのに役立つ独自の生産ソフトウェアを導入することである。このソフトウェアにより、工場はリアルタイムの生産データを使用して、工場が効率と生産性を向上させるのに役立つ実用的なパフォーマンスレポートを作成できる。

Zilingoのビジネス開発マネージャーであるSosakol Yin氏によると、このソフトウェアは、スマートフォン、ラップトップ、タブレット上のデータに管理者がリアルタイムでアクセスできるようにすることで、工場の生産効率を1012%向上させるとされている。

GMACが当社のソリューションを紹介し、カンボジアの企業や主要な利害関係者と協力して、Zilingoが工場の操業を自動化して生産効率を向上させる方法を共有するプラットフォームと機会を提供してくれたことに興奮しています」

ソフトウェアが生産データを自動的に記録し、実用的なレポートを生成するため、ソフトウェアが生産ラインからペンと紙を取り除くのを支援すると彼は言う。Yinは、品質管理と生産スタッフがアパレル製品の欠点とその他の欠点んを識別することもできると付け加えた。

「顧客が当社のシステムを希望する場合、縫製ラインごとに月50米ドルで販売できますが、モニター画面やタブレットなどのソフトウェアに接続するための機器を購入する必要があります。これをパッケージ全体として提供することもできますが、月に70米ドルかかります」とYin氏は付け加えた。

GMACの運用マネージャーであるLy Tek Heng氏は、GMACZilingoを招待して、衣料品、靴、バッグの工場で新しい技術システムを共有したと述べた。GMAC600社の会員企業がこの技術を使用すると、競争力と生産性が向上する彼はと述べた。

「このテクノロジーは新しいため、このテクノロジーから何パーセントの利益が生み出されるかについては詳しくわかりません。最初にシステムを使用する必要があります。ただし、このシステムはインド、スリランカ、インドネシア、ベトナム、バングラデシュで使用されています」とLy氏は述べている。

企業がこの技術を少なくとも2年間使用すると、損益分岐点に達し、技術投資の初期費用をまかなえると彼は楽観している。1つの工場に10本の生産ラインがある場合、月額約500ドルを支払うことになると付け加えた。「スタートは順調です」と彼は付け加えた。

ZilingoGMACとの強い結びつきを持っており、GMACKaing Monika副書記長に招待され、カンボジアの工場をデジタル革命に乗せ、ファッション業界の主要なプレーヤーとしての地位を維持する技術を活用する方法を示した。

「第4次産業革命時代では、工場全体での自動化とデジタル化の進歩のペースを見ています。自動機の使用は、設計、パターン作成、切断、印刷、刺繍、縫製、品質管理など、ほとんどの工場プロセスでどんどん増えていっています」とKaing氏は言う。

衣料産業全体でデジタル化が不可欠であることを彼は強調した。カンボジアは、職場と労働力を変革するために、この課題に迅速に対応しなければならない、と。

このソフトウェアの導入は、透明なサプライチェーンソリューションへの前例のないアクセスをファッション企業に与えるというビジョンとともに、カンボジアで重要な市場として立ち上げるZilingoの計画の一部である。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月20日15:26

カンボジア:縫製労働者の失神件数は昨年減少

報告によれば、縫製工場労働者の失神は昨年11工場で発生し、2018年の17工場と比較して60%以上減少した。

国家社会保障基金(NSSF)は、2019年にカンボジア全土の11の工場で失神が発生したと報告した。

2018年には17の工場で2109人の労働者が失神していたと述べた。

国家社会保障基金(NSSF)のOuk Samvithya所長は、プノンペンでの年次総会で、失神は心理社会的問題、化学ガス、残業によって引き起こされたと述べた。

国家社会保障基金(NSSF)が失神から身を守る方法について労働者を教育し続けていることに留意して、失神の事例は減少したと述べた。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月15日18:27

カンボジア:工場に輸出権を付与

商務省は、昨年の最初の11か月で、78の衣料品、履物、バッグ工場に特恵貿易制度の下で輸出権を付与したと、年次報告書で述べている。

同省は、昨年1月から11月にかけて51の工場を登録し、2018年の同時期の41工場から24%増加したと報告書は述べた。

前年の10から170%増加して27のバッグ工場が登録される同時に、138の輸出業者およびその他の工場が登録され、これは21%の増加に相当する。

カンボジア縫製業者協会(GMAC)のKaing Monika会長はThe Post紙に対し、カンボジアはアパレル製品と履物の登録の急増を促した米中貿易紛争のプラスの影響が顕著と語った。

「昨年の縫製工場の伸びは、主に中国に代わる供給源を見つける傾向と、最近の米中貿易戦争によって後押しされました。旅行商品工場の成長は、米国の一般特恵貿易制度の製品の適格性によって強化されました」とMonika会長は言う。

GMACメンバーは、カンボジア全土で500以上の工場を運営し、70万人以上の労働者を雇用している。

Pan Sorasak商務大臣は、国際市場への輸出を促進するために、同省は、アセアン経済共同体内での統合を通じてサプライチェーンの強化と輸出市場の多様化を続けていると述べた。

「地域およびグローバルな枠組みの中で競争するために、商務省は人的資源の強化、管理および管理構造の改革、ならびに公共サービスの改善により能力と効率の改善に努めています」とPan Sorasak大臣は先月の省の年次総会で述べた。

商務省の報告によると、カンボジアの国際市場への輸出は、昨年の最初の10か月で100億ドル以上に達したが、これらは主にアパレル・繊維製品、履物、旅行製品の分野からである。

カンボジアは、前年比6.45%増の108億米ドル以上の商品を輸出した。

データの内訳によれば、アパレル製品の輸出額は64億米ドル、繊維製品は4000万米ドル、履物は9500万米ドル、米は28600万米ドルであり、その他の製品が31億米ドル以上を占める。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月02日10:50

インドシナニュース

国別

キーワードから探す

このページのトップへ戻る