インドシナニュース

2019年12月 のニュース一覧

カンボジア:繊維・アパレル製品と履物、輸出の増加を促進

政府の報告書によると、カンボジアの輸出は今年の最初の10か月間で100億米ドルを超えた。これは主に、繊維及びアパレル製品と履物(GTF)の輸出の増加による。

商務省の報告書によると、総輸出額は108億米ドルとなり、前年同期の1014000万米ドルから6.45%増加した。

データの内訳によれば、アパレル製品の輸出総額は64億米ドル、履物(9500万米ドル)および繊維製品(4000万米ドル)だった。

米およびその他の商品は、それぞれ28600万米ドルおよび31億米ドルを超えた。

Pan Sorasak 商務大臣は、水曜日に行われた同省の年次総会での開会の挨拶の中で、政府は海外で入手可能なカンボジア製品の数をさらに増やすことにコミットしていると述べた。

「自由貿易圏の交渉と国際貿易パートナーシップの拡大が検討されている」とSorasak 大臣は述べた。

同省は、アセアンのさらなる統合により、生産チェーンの強化と市場の多様化を続けていると付け加えた。

Sorasak 大臣は、政府が知的財産権、消費者保護、偽造製品とサービスの問題に対処し、王国の地域競争力を高めるための統制の最適化に「細心の注意を払っていた」と強調した。

カンボジア衣料品製造業者協会のVann Sou Leng会長は、同部門が競争力を維持するための措置を導入したことを認めたが、政府はコストを抑えるための支援なしにリスクに直面する可能性があると警告した。

「地域的には、コストが急速に増加しているため、効率やコスト管理などの他の分野とのトレードオフが必要です。より多くの消費者がより短いリードタイムを要求しているため、私たちの限られたローカルサプライチェーンはそれをサポートするポリシーを必要としています」

「国際的には、米中貿易戦争とブレグジットが世界経済を減速させるのではないかと懸念している一方で、EU[カンボジアから]『武器以外のすべて』のスキームを撤回するという脅威があります。一方、ビジネス環境は急速に変化しており、消費者の要求は厳しくなり、労働、社会、環境へのコンプライアンスの向上によりコストが増加しています」

「急速に変化する地球環境に対応するために、さらにやるべきことがあります。同省は、世界的な動向について革新的で十分な情報を提供し続ける必要があり、状況が必要な場合に適応および変更するための戦略を開発する必要があります」とSou Leng会長は述べた。

カンボジア米連盟のLun Yeng事務局長は、同国の世界市場への米の輸出は、今年の最初の11か月で51万トンを超え、昨年同期比3.4%増加したとThe Post誌に語った。

Lun Yeng氏は、中国からの需要の伸びと、アセアンおよびオーストラリア市場へのさらなる拡大に貢献したという。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年12月24日05:55

カンボジア:工場閉鎖後のアパレル縫製工場労働者らの抗議

Meanchey地区のHong Xing縫製工場の約200人の労働者は、会社が先週閉鎖された後、未払いの賃金と年金の不足に抗議している。

労働者のHin Sokroeunさんは、129日に会社が11月分として労働者にそれぞれ100米ドルを支払い、工場の閉鎖を発表したと述べた。

労働者が抗議しているのは、11月分の残りの給与が不足しているだけでなく、年金の恩恵も受けられないためだとHin Sokroeunさんは述べた。

129日、会社は労働者にこれ以上仕事はないので、閉鎖すると語った」と彼女は言う。「労働者は工場の前で寝ていました。なぜなら、会社は未払いの賃金を払わずに商品や機械を動かすのではないかと恐れたからです。」

Sokroeunさんは、会社は労働者に工場で新しい雇用者を雇うと言ったが、それ以来新しいことは聞いていないと言った。

「雇用主に会うことも新しい情報を得ることもありませんでした」とSokroeunさんは言った。

「これが、労働者が昼夜を問わず工場を守っている理由です」

請願書は地方自治体と労働省に提出されたと彼女は述べた。

労働省のHeng Sour報道官には、コメントを求めたが、連絡をとることができなかった。しかし、Sokroeunさんは、省庁の職員が本日工場を訪問すると述べた。

Stung Meanchey地区警察のEm Pheary署長は、警察が工場を監視していると述べた。

「警察は工場の前で抗議している間、労働者を保護しています」とPheary署長は述べた。

カンボジア労働者労働組合連合のChin Sony法務官は、Hong Xingは中国企業だと述べた。

組合は、会社が労働者に彼らの賃金と年金を支払わなかった事実を掴んでいるとSony氏は述べた。

「ほとんどの女性労働者が工場の前で眠っているのは見苦しいですが、仕方ありません」と彼は言った。「会社が労働者に解決策を提示せずに商品や機械を持ち出すことを恐れています」

Sony氏は、組合は今日も状況を監視し続けると述べた。

「労働者は外で寝ることで何日も抗議しています」と彼は言った。「このケースを監視し、労働省の役人が解決策を見つけるかどうか確認します」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年12月18日17:09

カンボジア:開発評議会、880万ドル相当のプロジェクトを承認

カンボジア開発評議会(CDC)は、合計880万米ドルの設備投資で、バッグと衣料品分野の3つの投資プロジェクトを承認したと、122日発表した。

承認されたプロジェクトは、バッグ工場Quan Ming HandbagCambodiaIndustrial Co Ltd、バッグとベルト工場Gd New Sky Leather Products Co Ltd、アパレル縫製工場Tao And Kiven Garment Co Ltd

開発評議会は、工場が3448名の雇用を生み出し、プノンペン、カンダル、カンポンスペウに配置されると述べた。

商務省のLong Kemvichetスポークスマンは、カンボジアが米国とEUによって提供された多くの貿易特恵と「有利な」投資法のために最高の投資環境を有していると述べた。彼によると、より多くの国際投資家がカンボジアへの投資に関心を示している。

「新しい企業の到来は良い兆候です。他の投資家もカンボジアに引き付けるかもしれません」とKemvichetは言った。

『武器以外すべて(EBA)』協定が撤回された場合、カンボジアはEUへの免税輸出機会を失うリスクがあることに留意して、「カンボジアは潜在的な影響を減らすために輸出ポートフォリオを多様化しています」と述べた。

Kemvichet氏によると、英国は輸出部門における生産性と競争力の強化に努めており、製品が非課税であろうとなかろうと、他の国の製品と競合できるようになっている。

カンボジアは今年の最初の9か月で、前年同期の704400万米ドルから13.18%増の797000万米ドル以上の繊維・アパレル製品、履物(GTF)製品を輸出した、と経済財務省の税関総局の報告書は述べている。

報告書によると、米国は25億米ドル、EU24億米ドルを占めている。英国は67000万米ドル、日本は71100万米ドル、アセアン加盟国は12100万米ドル、その他の国は15億米ドルとなっている。

カンボジア国立銀行の2018年の報告では、カンボジアのアパレル製品と靴の輸出額は100億米ドルと評価され、2017年の80億ドルから24%増加した。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年12月17日14:39

このページのトップへ戻る