インドシナニュース

2019年07月 のニュース一覧

カンボジア:現在の港湾における車両規制をめぐる議論

公共事業運輸省と国家警察の高官らは、シアヌークビルとプノンペンの各自治港における車両技術検査にかかる現行規制を正当化した。しかしカンボジア縫製製造業者協会(GMAC)は、この規制が縫製部門に悪影響を与えてると懸念を表明している。

Sun Chanthol公共事業運輸大臣は、検査を通過できなかった車両や有効な運転免許証を保有していない運転者に対し、港への進入を禁止した。GMACは政府に対し、カンボジアトラック協会に対する規制を一時的に緩和するよう求める声明を71日に発表した。

GMAC会員の多くは、原材料や最終製品を輸入する際、長蛇の列に並ばなければなりませんでした。これにより商品を予定通りに配送できず、金銭損失と購入業者からの信頼喪失を引き起こしています」と声明は述べている。

GMACKen Loo事務局長は、公共事業運輸省での記者会見後、記者団に対し、今回の検査で港湾から多数のトラック輸送会社が出てきた、と言った。これにより、衣料品工場との間の物資輸送が混乱したという。

「トラック運送会社は深刻な影響を受けました。彼らは罰金を科せられるのを恐れて、工場に品物を受け入れません。工場は購入業者に対して責任を持たなければなりません。工場で損失が発生した場合、誰が責任を負うのでしょうか?[一部の]工場のオーナーは泣き叫んでいます」と彼は言った。

トラック運送会社のオーナーであるChhay氏は、検査官はしばしば多くのドライバーが支払うことが不可能な金額を要求すると主張する。

「タンクローリーは警察の罰金を恐れて港には行きません。警察はすべての瑕疵を見つけます。そして彼らは数百ドルを要求します。こんな風に人を調べるというのは、カンボジア人や縫製工場の労働者を虐待しているようなものです」とChhay氏は言う。

公共事業運輸省の州運輸長官であるSeng Chhuon氏は記者会見で、ほとんどの車両は技術基準を満たしていると述べた。技術基準を満たしていない大型トラックは少なく、一部の運転手が検査に協力しなかったため、混乱が起きたという。彼は当局の汚職疑惑を一蹴した。

「企業の所有者たちは我々当局が、彼らを罰金に科し、金銭を奪うと述べています。表に示された金額として、すべての罰金は公開されていることを確認させていただきたいのですが」

Hoem Yan副長官は記者会見で、同省はプノンペンとシアヌークビルの各自治区の港にて、15日以内に合計1954台のトラックを検査したことを明らかにした。Yan副長官によると、全体の11%を占める約300台のトラックが交通法規に違反し、透明性のある方法で道路交通法に基づき罰金を科されたという。

「物資の輸送遅延については、混雑を避けるようにしています。当局がすべての人の安全のために法を執行していることを述べたい。車両の技術検査を怠れば、さらに損失が増えるのです」と彼は述べた。

Yan副長官によると、罰金は法律に従って、15000カンボジアリエルから125000カンボジアリエル(3.75~31.25米ドル)、であり、有効な運転免許証またはナンバープレートを持っていない場合は80万カンボジアリエルまで科される。その上で、「検査の結果は良好で、交通事故も減らせます」と話した。「批判のいくつかは誤りです。私はそれらすべてに反論します」と彼は言った。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年07月10日12:03

カンボジア:400人を越えるアパレル労働者が抗議

71日、カンダル州Ang Snuol地区のアパレル工場Now Corp工場労働者400人以上が同工場に対し「公正な補償」を訴える抗議を行う。

626日、Now Corpが注文不足による2か月間の操業中断後、労働者は再び仕事に戻ったが、工場が事前通知なく労働者たちの契約解除を行う予定だったことが明らかになっただけであった。

Now Corpは各労働者に補償金の支払いを申し出たが、400人を超える労働者はその申し出が低すぎると考え受取を拒否した。

627日、労働者と地方自治体の代表はこの問題に取り組むために集まった。彼らは解決策を見つけるために71日に工場オーナーと面会することに同意した。

補償を受け入れなかった労働者の一人であるKhen Sophornさん(31)は、Now Corp2ヶ月間操業を中断し、水曜日に労働再開するよう労働者に伝えたことを認めた。

工場は労働者の役職毎に割り当てるのではなく、勤続年数は関係なく、彼らの契約を終了させるために320米ドルから450米ドルの間の補償金を一人一人に申し出た。

「突然の発表後、一部の労働者は補償を受け入れましたたが、私を含む他の労働者は保障金が低すぎると感じたため同意しませんでした。問題は工場が私達のための仕事を見つけられなかったことです。私たちは退職したわけではありません。私は個人的にはむしろ働き続けたいと思っています。工場が私たちを解雇しようとしているのなら、彼らは法律を遵守すべきです。私たちは法で定められた金額が欲しいのです」と630SophornさんはThe Post紙に語った。

一部の労働者によって韓国人と確認された工場オーナーはコメントには応じなかった。

「労働者のための仕事を見つけられず、提供された補償金の受取要求を受け入れなかったから労働者を契約解除するのは非常に不合理です。一部の労働者は、法律に従った保障が与えられれば、より高い給付金が得られることを認識していました。工場が労働者にそのような補償を与えるのは公平ではありません」とクメール労働組合連合のMom Seak氏は述べた。

Now Corpの労働者を代表する労働者友好連合連盟(WFUF)Seang Sambath会長は、顧客からの発注の欠如が業務停止の理由であると述べた。

Sambath会長はNow Corpに責任を取るように促した。

「会社が責任をとらなければ、労働者の状況は悲惨なものになるでしょう。オーナーには逃げないで欲しいのです。月曜日には、我々は他の解決策を見つけるための交渉する予定です」と語った。

630日、省のThol Neang労働局長は、工場が操業を継続するのか停止するのか確信が持てないと語った。

「会社が破産宣言するかどうかはまだ不明です。オーナーは前回の会議に欠席したため、月曜日に招待されました。この会議で次のステップを決定します」とThe Post紙に語った。

Neang労働局長は、保障額が320米ドルから450米ドルが適切かどうかを確かめられなかった。決定するためには各労働者の契約の見直しを行わなければならないと強調した。

Now Corp2006年に設立され、現在約1400人の労働者を雇用していると一部の労働者は述べた。製品のほとんどは米国に輸出されている。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年07月06日12:14

カンボジア:労働組合、2020年の最低賃金引き上げを検討

衣料・履物業界を代表する組合らは、2020年に最低賃金を引き上げるよう政府に要求する準備をしている。現在、衣料・履物工場労働者の最低賃金は182米ドルに設定されている。

カンボジア労働総連合のAth Thorn会長は626日、連合は25米ドルの賃上げを提案することを決定したと述べた。

「内部協議でも、最低賃金を25米ドル引き上げることを要求する予定でした」とThorn会長は言った。「この数字を交渉の際に使います」彼はその要求を来月、労働省に送ると述べた。

「過去3~4年間、衣料・履物部門は毎年100億米ドル以上を輸出し、年間収入は1億米ドル以上に達しています。衣料部門はカンボジアで最も強力で主要な部門のひとつだと思います。輸出、所得、雇用創出の全てにおいてです」とThorn会長は言う。「カンボジア経済を6~7%成長させているのはまさにこの部門です」と彼は述べ、1000以上の工場に100万人の縫製労働者がいることを指摘した。「すべてはこの分野からの賜物です。」

全国労働組合連合のFar Saly会長は、連合にはすでに構想があると述べた。

「現在の賃金は月額182米ドルですが、私は2020年の労働賃金を18米ドルは引き上げたいと考えています」とSaly氏は言った。「これを18米ドル上げれば、来年の最低賃金は月200米ドルになります。これが私の欲する数字です。」

また200米ドルあれば、労働者の生活水準は向上する、と彼は付け加える。生活のためだけに残業は避けるべき、とも指摘する。

「これは政府に要請する良い機会ですし、EUが労働者の権利を監視しているため、政府が労働者の権利に注意を払う良い機会だと思います」とSaly氏は言う。

労働者団体運動連合のPav Sina会長は、多くの組合が異なる数値目標を掲げているため、さらなる議論が必要だと述べた。Sina会長は最低賃金が30米ドル上がることを望むと言う。しかし、彼はその増加でも十分ではないだろうと述べる。

「縫製労働者の最低賃金引き上げは、市場製品の価格が上昇しているのであれば意味がありません」とのこと。

労働省のスポークスマンHeng Sour氏は、2020年の最低賃金に関する督促状を来月発行すると述べた。

「通常、7月が各党で議論を交わし始める時期です」とSour氏。「8月には2党間交渉に時間が使われ、9月に3党間交渉が行われます」そして10月には正式な結果が期待できるという。

「まだ交渉が行われていないため、詳細を明らかにすることはできません」とSour氏は言う。

労働法第357条によると、労働諮問委員会(LAC)は最低賃金に関する議論を主導し、政府に昇給を勧告することとしている。LACは組合員、雇用主、政府関係者で構成されている。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年07月03日11:54

このページのトップへ戻る