インドシナニュース

2017年04月 のニュース一覧

カンボジア:全産業最低賃金法導入へ

4月20日に労働組合や労働者の代表者、労働省による会合が開催され、会合後、Ith Samheng労働大臣は2017年末までにすべての労働者を対象とした最低賃金制定のための法律が施行されるだろうと述べた。

大臣によると、この日の会合では全産業を対象とした月額最低賃金を定める法案を中心に協議が行われたという。

クメールタイムズの報道によると、縫製産業をはじめとする複数の産業ですでに最低賃金が導入されており、縫製繊維産業の最低賃金は月額153米ドルである。教師、医師の最低賃金は月額238米ドルである。

Samheng大臣は、最低賃金全国委員会が調査を行い、賃金とその他の福利厚生に関する勧告を行うとしている。最低賃金全国委員会は政府、労働者、企業の三者すべての代表者により構成される。

「最低賃金が定められることから、労働者にはこの法律は良い知らせとなる。ストライキ減少にも貢献するだろう」と大臣は話した。

大臣の説明によると今年中に法案が作成される見込み。20日の会合はこの法案についての第1回の公聴会であった。政府の他省庁、内閣、国会に法案を送る前に第2回の公聴会が開催される予定となっている。

企業側を代表するNang Sothyはこの動きを歓迎し、この法律はカンボジアの産業安定化に貢献するだろうと話す。

「法案を確認し、すべての人に都合の良いものとなるよう提言を行いたい」と彼は述べた。

カンボジア労働連盟のAth Thon会長は、この法案は前向きな動きではあるが、労働者と雇用者のニーズを勘案し、修正が必要になるだろうと述べた。

また、最低賃金委員会が労働省代表者16名、労働組合代表者16名、企業代表者16名で構成されていることを称賛した。

「近隣諸国では全産業最低賃金はまだ制定されていない中、カンボジアがこうした法律を作るのは良いことだ」と彼は述べた。

また、Thon代表は、最低賃金法が憲法の理念、労働法、国際的慣習に則ったものとなれば素晴らしいと述べる一方、この法律が労働組合の権利を縮小する理由に使われることのないようにとの注文を述べた。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月25日12:03

カンボジア:失神の原因を調査

長年に渡り、工場所長、医師、労働者代表、そして監督官達は、女性工場労働者の集団が同時に卒倒するという、カンボジアで蔓延する集団失神という現象の背後にある理由を思索してきた。

過熱や通気性の悪さなどの息苦しい労働条件が原因だという者もいるし、月間の最低賃金額が153米ドルである繊維工場労働者は栄養失調状態であり、過労状態にあると説明する者もいる。労働者達が結婚式シーズンのお祭り騒ぎに過剰なエネルギーを注ぎ込むために失神に陥るのだと昨年中国系工場のオーナーは語った。一方地元民達は、数々の悪行の報復として工場を呪う、怒れる怨霊や悪霊の仕業であると非難している。

しかしながら、査読済みジャーナル「比較精神医学」で発表された民俗学研究によると、「心理的なトラウマや恐れ」という共通の要素が、2010年〜2015年に起きた34の繊維工場での集団失神事件で見つかったと言う。

研究者でありモナシュ大学の教授でもあるMaurice Eisenbruch氏は、社会不和のコンテキストやクメール・ルージュの恐怖や暴力といったカンボジアの血塗られた歴史の中で集団失神は考慮されるべきものであると説明している。

「集団失神は、キリング・フィールドとして忌々しいとされる地所に建設された工場や、工場政治に関する紛争が起こった状況下で発生する傾向にある。労働者グループは、恐怖状態や意見相違の風潮が高まった際に失神する傾向にある。」とEisenbruch氏は著している。

調査時、Eisenbruch氏は集団失神が少なくとも一回は発生している工場を詳しく調べている。

調査により、全ての事例で激しい恐怖や脆弱性が先行していたことが判明した。

「集団失神の事例は、労働者達が恐怖を感じ、極度に怯えることが原因の、瞬間的な忘我状態と注意力の喪失があたかも"正気を失った"と感じることから始まる。年配女性の何人かは、幼少期のクメール・ルージュ治世下の経験をフラッシュバックし、自分が次に処刑されるのではという恐怖を再体験していた。」とEisenbruch氏は記した。

失神者たちはしばし、胸の痛み、動機、震え、方向感覚の喪失を感じていた。

概して事例は、地元の歴史や信仰に結びついた、特定の出来事によって引き起こされたと信じられていた。例えば幾つかの事例では、亡霊がとりついていると信じられている地所や大量処刑・暴力が過去に行われた地所に、外国人オーナーが工場を建設している。

「土地収奪デベロッパーは家々を取り壊すためにブルドーザーを持ち込んだが、その中には守り神のものも含んでおり、彼らの許しを得なかったため集団失神が発生したと人々は信じている。」とEisenbruch氏は記している。

またEisenbruch氏は、外国人工場オーナーと地元労働者や労働者代表の間で起こる紛争や、致命的な労働災害、労働関連の自殺が、集団失神の一因となっていることを発見した。

カンボジア縫製業協会のKen Loo書記長は、ストレスが失神の主な要因になっているという考えに異議を唱え、代わりに、労働者の血糖値の低さや体調不良が原因であると述べた。

一方、ジェンダーと開発カンボジアのRos Sopeaph理事は、女性の健康的な労働環境の確保により、集団失神は阻止できるだろうと述べた。

「工場では大量の化学物質を使用しています。しかしながら管理者は男性で、ほこりや化学物質、熱の中に座っているわけではありません。空気循環と、女性が座っているのか立っているのか、または手洗いに行くのを許されているのかをチェックする必要があります。」とSopeaph氏は述べた。

工場で失神した労働者の数は昨年1160名と、2015年の1806名からは減少した。

集団失神はカンボジアだけで起こっている現象ではない。ネパールの難民キャンプやコロンビアの校舎でも起こっている。それぞれの場所で、女性の大きなグループがストレスの多い状況下で狭苦しい場所を共有している。

Eisenbruch氏によると、彼の民俗学研究では、集団失神は集団的不安の表れであると論証しているという。

「当事者の女性にとって、失神はその女性がこれまで人生で受けた苦しみが全て、一瞬の内にやってきて起こるものである。恐怖、フラッシュバック、虐待、痛み、無力感、脆弱性、不公平、貧困、終わりのない悲しみと喪失感なのである。」とEisenbruch氏は記した。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月24日09:38

カンボジア:Just don’t do it~元ナイキの縫製労働者が労働搾取工場に異議

Nikeの元縫製労働者であり、カンボジア労働組合連盟(CATU)の代表であるSophorn Yang氏は、彼女の主導する全国労働搾取工場に反対する学生連合(USAS)ツアーの最終地として、4月4日にSmith Hallで講演を行った。

Chanpanhavuth Hengさんによる通訳を通じてYang氏は、通勤時にトラックに詰め込まれ、信頼に値しない託児サービスに子供を預けなければならない労働者らの記憶について話をした。彼女は同僚らについて、多くは貧困に苦しむ家族のために故郷から遠く離れて、働きに出なければならない状況にあったと続けた。

Yang氏によると、労働者らは平均で2.5人の家族をそのわずかな給与によって養わねばならないが、もし工場のルールに違反したら給与の支払いを保留する、といつも脅されていたという。従業員は座ったり、トイレに行ったり、単にあくびをしたりすることに対してさえ、譴責や解雇されることがあり得る。工場の温度は時に30度を超えるようなこともあったが、水を飲むことはトイレ休憩の頻度を減らすために推奨されていなかった。

また労働者は賃金の減額や解雇をちらつかせ、脅されているために、希望する組合に加盟することもできなかった。組合のサポートがなければ労働者は雇用主の意向に全面的に従わざるを得ず、例えばある労働者グループの一日のノルマを、健康状態や作業の限界値を完全に無視して、突然200から500に増加される可能性もある。

労働者らは共用の小さなスペースに住み、1日10〜14時間、週7日働いていたが、毎月の給与はわずか約153米ドルであった。

「私がとてもびっくりして悲しく、ショックに感じたのは、Nikeのような店に入った際、そこにあったスニーカーの価格は、1ヶ月に何百、何千のスニーカーを生産しなければならない女性労働者の1カ月の給料とほぼ同額であったことです。」とYang氏は言った。「そして彼女らが例えば月に10米ドルの賃上げや椅子の提供、または一般的な労働条件の改善を求めただけで、虐待、脅迫、制約などを受けることになるのです。」

毎月153米ドルの給与で2.5人が生活するには、こうした労働者は1食に50セント程度しかかけられない。Yang氏は聴衆に対して、女性労働者らは当然、食事にチキンを食べたり、仕事で休みを取ったりしたいと考えるでしょう、と問いかけた。しかしこうした簡単なことさえも、彼女らがどんなに懸命に働いても不可能であったと彼女は言った。

「私はこのことを考える度に、とても悲しい気分になります。」とYang氏は続けた。「そして同時に、私は自分がリーダーになるべきと感じます。誰かが(この状況の改善のために)立ち上がる必要があり、私こそがそれをすべきだと。もし私がやらなければ、誰がやるというのでしょうか?」

ワシントン大学の労働搾取工場に反対する学生連合(UW USAS)は、Nikeとの契約を終了させるために、約1年半もの間争っている。

この団体による係争は、スポーツアパレル大手のNikeが独立系労働問題監督機関で、180以上の大学が加盟するWorker Rights Consortium(WRC)による工場の査察を受けることを拒否した後、全米中に広まった一連の学生抗議活動の一つである。

WRCによる査察を受けることを拒否することは、Nikeが大学との契約に違反したことを意味しており、UW USASの学生らはこの違反行為を見過ごすことはなかった。

UW USASの共同会長であるCorina Yballaさんは、「我々はWRCのような独立系監督機関から、工場が実際にどういった状況にあるかについて聞いたことがあります。」と述べた。 「工場での失神、あくびをしたことによる解雇、または妊娠による解雇もありました。WRCがなければ、そういった状況は分かりませんでした。そのためNikeは自社の工場からWRCの調査を締め出し、多くの労働者を危険にさらしているのです。学生らは工場での人権侵害状況について確認できなければ、そうしたことに対応することができません。」

このキャンペーンの一環として、UW USASはこの問題を認知させるために、ちらしを配布している。メンバーはまた、Nikeが労働者の虐待を隠そうとするように、Nikeのロゴを隠すことを奨励する#NikeCoverUpChallengeにも参加している。

「私たちはゴールが何であるかを分かっています。」と3ヶ月間UW USASに参加しているIsaiah Bach-Gaalさんは言った。「ゴールはNikeを大学キャンパスから追い出すことです。」

Yang氏は彼らの実現能力について楽観的な見通しを持っている。

「私の意見では、学生は大きな力を持っています。」と彼女は言った。「彼らは学校の授業料を支払っています。彼らはここに通うのにお金を払わねばならないので、学校に対して影響力があり、学校に説明責任を求めることができます。問題はただ学生がこの力を理解しているかどうかなのです。」

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月13日10:50

カンボジア:下請けアパレル縫製工場で発生したボイラー爆発事故により2名が死亡

プノンペン・ミンチェン地区にある未登録のアパレル縫製工場で土曜日に発生したボイラーの爆発事故により2名が死亡、4が負傷し、関係当局が捜査を進めている。プノンペンの繊維工場でボイラー事故が発生するのは、この3週間以内で2度目のことである。

プノンペン工業・手工芸省のNeth Mony Ponnaka局長は昨日、特別チームがChan Seng Heng衣料工場の捜査を行っていることを発表した。同工場は4月1日に開設され、同省には登録されていなかった。

「彼らは間違いを犯しており、我が省はそれに気づいていませんでした。オーナーと話はしますが、同社からはライセンスが(同省に)提出されておらず、手工芸管理法第23条に違反しています。」とMony Ponnaka氏は述べた。

警察の発表では同工場には20名の従業員がいるが、電話には応じなかった。Mony Ponnaka氏によると、ボイラーは「中古でとても古かった」という。

Stung Meanchey地方自治体警察副本部長のEm Thea氏は、爆発が土曜日の昼休み中に起こり、警備員のSeurth Phal(27)と清掃員のKong Phanny(61)が死亡したことを発表した。

「爆破状況がとても悪かったため、もし労働者達が工場内にいたとすれば負傷者はもっと多かったでしょう。」とThea氏は述べた。

4月9日に工場を訪問したところ、木材燃焼ボイラーが爆発により壁や天井が吹き飛び、工場中の床や通りに破片が飛び散っていたことが判明した。ボイラーの大きな金属部品は爆発発生箇所から50メートルの場所にまで到達していた。

事故発生時、労働者のSam Heurn(35)は工場から100メートル離れた場所で昼食をとっていた。「まるで大きな爆弾が爆発したような感じでした。」現場に駆け寄ったところ、Kong Phannyが血を流しているのを発見したという。

「電話で息子を呼び、病院に連れて行くよう彼女は言いました。私はショックでとても怖かったです。」

Phannyの息子Khoun Sambo(30)は、母親がクメール・ソビエト友好病院で息を引き取ったことを明かした。Samboは4万米ドルの賠償金を求めて警察に告訴するつもりであるという。

一方関係当局は、事故発生時には不在であったボイラー技術者を捜索中である。

ミンチェイ地区警察署の刑事犯罪課のHur Meng Varng副主任によると、工場の株主が尋問のため拘留されているという。

「我々が尋問した男性によると、ボイラー捜査の担当者はまだいなかったとのことでした。」ボイラーを取り付けるために雇われ、機械にひびが見つかったため修理のため金曜日に工場に来ていたという”Oum”(35)が容疑者として特定されたため、男性は解放されたとMeng Varng氏は述べた。

連帯センターのWilliam Conklin氏によると同工場はカンボジア縫製製造業協会(GMAC)に登録されておらず、同産業の法規制ギャップを象徴する下請け業者である可能性が高い。

「(政府、)ブランド、(輸出許可を所持しているため下請けを出している)GMACの工場などの主要事業者は全て、こうした工場を規制・監督し、少なくとも法律を遵守していることを確かめる義務を負っています。」とConklin氏は述べた。

今回の爆破事故は、Levi Strauss社やオランダC&A社の衣料を生産するZhen Tai社の工場で起きたボイラー事故に続くものである。 Zhen Tai社の事故では1名が死亡、7名が負傷したが、同工場はGMAC及び国際労働機関の監督プログラムに登録されていた。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月12日08:31

カンボジア:トラック横転事故でまたもや縫製労働者が負傷

プレイヴェン州のPreah Sdach地区で4月5日、トラックが不注意運転により横転する事故が発生し、縫製労働者15人が負傷した。

国家警察によると15人の縫製労働者は事故の発生した午前6時半、国道1号線をFive Star Factoryに向かう途中であり、軽症から重症まで様々な怪我を負った。

「労働者は通勤途中で、運転手は別のトラックを追い越そうとしたが失敗し、トラックは横転、多くの労働者が負傷した」と地区警察のChey Senghak署長は述べた。

トラック運転手は現場から逃走した。

負傷者は全員治療のため病院に搬送された。重症の2名は州立病院に搬送された。トラックは地区警察が管理することとなった。

負傷者の治療にあたる国家社会保障基金によると、負傷者の一人は治療のためさらに上位病院に送られた。

全国労働組合連盟(NTUC)のFa Saly会長は、頻発する交通事故は懸念すべき事項であるとし、政府に取り締まりの強化を求めた。その方策として、テレビやラジオで交通法を放送するという方法も提案している。

「市民の交通法遵守の意識が低く、政府も交通標識や交通法についてテレビやラジオで十分に周知していない。州政府は厳しく取り締まりを行うべきで、とくに運転免許の試験を受けずに免許証を購入した者については厳しく罰するべきだ」とSaly会長は話す。

国家社会保障基金によると、縫製労働者が巻き込まれる交通事故が2016年には5609件発生し、死者は103名、負傷者は7446名に達する。負傷者のうち970名は重症であった。

5日早朝にはバッタンバン州のPhnom Prek地区でもセメントトラックが横転する事故が発生し、男性2名が死亡、5名が負傷した。

地区警察によると、横転したトラックはセメントを満載していた。山がちな道を下っている際にタイヤが破裂したため運転手がトラックを制御できず、横転した。

死亡者2名の遺体は葬儀のため遺族に引き渡され、負傷した5名は病院に搬送された。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月08日06:01

カンボジア:労働団体が最低賃金法案は「大きな脅威」と警告

カンボジアの新たな最低賃金法の下では、最低賃金に関するいかなる抗議活動、支援活動や反論、さらには労働組合、NGO、ジャーナリストや学者による独立調査も、違法とされる可能性があると法務アナリストは述べる。

カンボジア人権センター、米国の人権団体連帯センター、国際労働組合連盟は3月22日、新たな最低賃金法の分析結果を発表した。カンボジア人権センターのChak Sopheap会長は、基本的人権に「現行法案は直接的で大きな脅威をもたらす」と警告している。

新たな最低賃金法は縫製産業以外でも全国で最低賃金を定める初の法律で、毎年行われる改訂のルールや構成を正式に定めている。昨年末の法案発表以来、基本的には歓迎されているものの、最低賃金に対する反論や独立調査に対する罰則の条項を巡り批判も受けている。

Ith Sam Heng労働大臣は先月、そうした状況にもかかわらず、一般からの意見を集める公開フォーラムを経て今年中に法案が通過すると予測していると述べた。

「この法律は毎年の最低賃金改訂のメカニズムを定めており労働者のためになる」と労働大臣は述べた。

しかし、今回3団体が行った分析では、現行の法案は「受け入れがたい、人権保護の観点から、多くの重要な変更が必要である」と結論づけている。

分析では、法案に含まれる条項は「ジャーナリスト、学者や市民が最低賃金に対する意見の表明を封じ、違法化する可能性がある。さらに、労働者や労働組合は平和的な抗議活動を組織することすら禁じられる可能性があり、独立した労働組合の活動を実質的に不可能にしている」としている。

批判を集めている条項としては「労働大臣の認証を受けなければ、全国最低賃金委員会以外のいかなる者も最低賃金に関する調査を行うことはできない」とする16条などがある。28条は、違反に対する書面での警告、続いて「1000万カンボジア・リエル(およそ2500米ドル)を上限とする」罰金を定めている。

分析では、この罰金は最低賃金で働くほとんどの労働者にとって支払える金額ではなく(現行の縫製労働者の最低賃金は月額米153ドル)、刑事訴追を招きかねないとしている。

労働省のHeng Sour報道担当官からのコメントを得ることはできなかった。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月03日12:01

カンボジア:縫製工場で労働者多数が倒れる

プノンペンのPor Senchey地区にある縫製工場で3月20日、60人近い縫製労働者が倒れた。こうした事態は前の週からこれで3回目となる。

Tien Sung Garment Companyで工場内の劣悪な空気質により従業員58人が倒れたという。同様の事態は前の週にも発生している。

労働省の労務安全健康部のPon Vanthach副部長は、先週にこうした事態が発生してから政府が指導したのにもかかわらず、工場側は環境を改善することができなかったと述べた。

「先週の事態以降、労働省は工場の技術面を確認する法的手続きを取った。同社に5点の技術的問題に対応するよう要求したが、現在までのところ2点しか解決できておらず、一方で従業員には今まで同様仕事をさせていた。同工場が労働省の指摘に早急に対応するよう、手段を講じている」

Vanthach副部長によると、労働省の指摘は、除湿システムの一部として設置されている発電機の変更、悪臭の原因となっている排水システムのチェック、汚染水プールの清掃、倒れた従業員の健康診断、従業員に対する職場での健康についての教育の5点であった。

現在まで、工場は発電機の変更と従業員への健康教育について対応を済ませている。

労働省は、残る問題点に早急に対応するよう工場側に要求した。倒れた従業員は23日まで休業とし、完全に回復するまでは残業は行わせない。

Tien Sungからのコメントを得ることはできなかった。

労働省全国社会保障基金のCheav Bunrith報道官は、同基金の担当者が工場に赴き状況の確認を行い、倒れた従業員の病院への搬送を支援したと述べた。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月01日12:05

カンボジア:国連派遣者が現地縫製工場での経験を語る

3月21日、国連派遣者でカンボジア労働組合連合の会長Sophorn Yang氏が3月21日、カンボジアの縫製労働者の不当な扱いについて講演で語った。

昨年来、コーネル労働組織はコーネル大学にナイキとの取引停止を求めるキャンペーンを行っている。ナイキは同大学のスポーツウェアのほとんどを生産している。ナイキは東南アジア全域で劣悪な環境にある工場や縫製工場に生産を発注していると、カンボジアで縫製労働者として働いた経験を持つYang氏は述べた。

「Yang氏は縫製工場で働くということがどのようなものかを知っている。彼女の同僚はしばしば集団で倒れたり、トイレに行ったり、休憩して水を飲んだいりといった基本的な必要を満たす自由も与えられていなかった」とコーネル労働組織のNicole Oliveira氏は話す。

カンボジアのアパレル・製靴工場、1000工場で働く100万人の労働者の9割は農村地域出身の女性であるとYang氏は話す。

「労働者らは毎日混んだトラックの荷台で通勤する。多くの労働者が栄養失調状態にあり、健康保健もなく、給与を搾取されている」

Yang氏はかつてある労働者が死んだ時に工場から家族への補償が何もなく、その事件以来、カンボジアの縫製労働者と女性の権利のために戦うことを決意したと述べた。こうした努力もあり、カンボジアの最低賃金は30米ドルから現在153米ドルへと上昇した。

「正しいことのために戦うことは私の情熱となり、私の人生となった。恥じるべきは政府であり、自分ではない。恐れるべきなのは政府であり、自分ではない」とYang氏は話す。

Yang氏は、進化をもたらす上で最も気にかかるのはカンボジア女性に対する教育と、彼女ら自身の考え方の変革であると話す。カンボジア文化は女性の指導者を尊重しないが、女性が自身の社会における権利と力を理解できるよう助けていきたいとYang氏は話す。

コーネル労働組織は出席者に対し、ナイキのロゴにテープでXマークを付けることを推奨した。ナイキのような大企業にとって大学契約は非常に利幅が高いため、学生の活動でナイキにプレッシャーを与え、下請工場の労働者の権利を守ることができると説明した。

「犠牲になるものを理解している。これは正義のための戦い、工場の人々のための戦いだが、私だけに力があるのではない。あなた方にも力はあり、助けることできる。このプロセスで力になることができる」とYang氏は述べた。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年04月01日06:07

このページのトップへ戻る