インドシナニュース

2013年02月 のニュース一覧

カンボジア:縫製工場労働者の最低賃金の行方は…

カンボジアは米国や英国のような世界の主要繊維市場で税制上の優遇措置を認められているので、カンボジアの縫製産業に対する投資家の関心は高まる一方である。

昨年、中国はカンボジアに1億2100万米ドル投資して、最大の投資国となり、つづいて台湾が1億1200万米ドル、韓国が7000万ドルとあとに続いている。

カンボジアからの繊維製品の輸出は、2012年には、対2011年比8%増の46億1000万ドルまで成長したと2013年1月にカンボジアの商業省は発表した。

衣料産業はカンボジアの最大の外貨獲得手段である。繊維産業には300以上の工場があり、約34万人の労働者を抱え、うち91%は女性である。大口の顧客は、ウォルマートやH&Mなどである。

しかしながら、業界は絶えず難問を抱えている。昨年、カンボジアの縫製工場労働者は、賃上げを要求して何度もストライキを行った。現在、繊維産業の労働者の1ヶ月あたりの最低賃金は61ドルで、上昇を続けるカンボジアでの生活費に対処できないくらい低い水準であるとカンボジア最大の労働組合である自由貿易連合は主張する。

国際労働機関の助言があって、この地元の労働組合は、現在、衣類と履物の製造業の労働者の給料引上げについてカンボジア衣料製造協会と交渉することに同意した。組合の要求は1ヶ月120米ドルの最低賃金である。関係当事者すべてが、2月26日に最低賃金の引き上げに関して決定を下すために話し合いの席に着くことになっている。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年02月22日06:00

カンボジアの縫製業界、巨額の外国投資を呼び込む

カンボジアの縫製産業が、米国や英国といった世界の主要市場への税制上の優遇措置により巨額の外国投資を引き付けている。fibre2fashionとのインタビューで、カンボジア衣料製造協会の業務開発部長Kaing Monika氏は、「カンボジアは、一部の市場においては新しい衣料製造基地になりつつあり、カンボジアの縫製産業は巨額の対外投資を呼び込んでいます。」と語った。

昨年、中国が総投資額1億2100万米ドルでカンボジア繊維産業の最大の投資国となり、つづいて、台湾が1億1200万米ドル、韓国が7000万米ドルとなっている。さらには、シンガポール、米国、マレーシア、日本、タイ、オーストラリア、イギリス、インドといった国々が、2012年にカンボジア縫製産業に投資を行った。

増加する対外投資の理由に関して、Monika氏は「カンボジアは米国への最大衣料供給国の一つであるだけでなく、世界の主要市場へ免税措置の適用が受けられ、労働コストは手ごろで、マクロ経済環境も安定しているうえ、政府によっていくつかのインセンティブも提供されていることで、対外投資を引き付けています。」と言う。

彼によれば、人々が外国人に優しく、天然資源が豊富なことも海外からの資金を呼び込んでいる。

「そのうえ、カンボジアでは、20~49の年齢層の人口が500万以上もあり、労働力だけでなく巨大な市場も形成しています。」と彼は語る。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年02月20日14:00

カンボジアのアパレル製品輸出、成長を続ける

カンボジアのアパレル製品輸出は、主要輸出市場が経済的に困難で不安定にもかかわらず、成長し続けていると最近商務省の発表した統計は述べる。

統計は、2012年のアパレル製品輸出は、前年の42億4000万米ドルから46億1000万米ドルへと増加、8.72%の成長を遂げたと強調した。

この地域の市場への需要が伸びているのは、特に中国からの生産移転によるものだと経済専門家は説明している。

カンボジアの主要輸出先は、米国、EU、カナダ、日本、中国である。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年02月05日14:00

このページのトップへ戻る