インドシナニュース

ミャンマー:ヤンゴンの1万7000人近くの工場労働者が職を失う

ヤンゴン地域の移民・人事大臣Daw Moe Moe Su Kyi氏によると、ヤンゴン地域では、工場の一時的または完全な閉鎖やレイオフにより、1万7000人近くの労働者が職を失っているという。
「3月22日までに、労働者を解雇したり、恒久的または一時的に操業を停止したりした工場の数は37に達した」と地域担当大臣は付け加えた。
地域担当大臣は、失業中の労働者が新しい仕事に就くのを助けるために関連部署に指示を出したと述べた。
労働者を解雇したり、恒久的または一時的に操業を停止した工場の中では、衣料品縫製工場が最も多い。
Hlaingtharyar 郷の労働局は、労働者への給料や補償金の支払いに取り組んでおり、閉鎖された工場が実際に原材料の不足に直面しているかどうかをチェックしている。
地元のアパレル縫製工場やその他の工場は、主に中国からの原材料に頼らざるを得ない。
ほとんどの工場は原材料の不足により閉鎖される可能性が高い。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月26日

このページのトップへ戻る