インドシナニュース

ミャンマー:国の繊維政策、策定中

計画・財政・産業省によると、ミャンマーの繊維産業の発展のために国の繊維政策が策定中である。

草案作成は20181月に開始され、20191月に関係省庁、民間組織の役員、繊維産業のビジネスマンが参加する最初の利害関係者会議が呼び出された。

同省は、国家の繊維政策の採用は、行動計画、必要なロードマップの作成、法律、規則および手順、インフラ開発、国内および外国投資、付加価値製品の製造、社会経済開発、技術獲得、市場競争、容易な対外貿易、経済協力の強化を奨励するビジネス環境の作成などの利益を生み出すと述べている。

国の繊維政策は、ドイツ国際協力公社(GIZ)の支援を受けて策定中。

ミャンマーはまた、国家輸出戦略(NES)を実施している。

国家輸出戦略(NES)では、アパレル産業のCMPシステムからFOBシステムへの移行、保税倉庫システムの採用、輸出を促進するための特殊な繊維工業団地の設立などの措置が講じられる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年01月16日

このページのトップへ戻る