インドシナニュース

ベトナム:コンビニ業界、韓国からの新規参入者を歓迎

GS Retail Co.が上陸した後、韓国の主要コンビニチェーンCUの運営会社である同胞BGF Retail Co.は、現地パートナーとのフランチャイズ契約を通じてベトナム市場に足を踏み入れることになる。

ニュースワイヤーPulsenews.co.krによると、同社は、小売業者SnB Distribution Co.Ltd.を含む地元企業に支援されているベトナムに本拠地を置くコンビニオペレーターであるCUVNとマスターフランチャイズ契約を締結したと発表した。

フランチャイズ契約に基づき、フランチャイザーであるBGF Retailは、コンビニエンスストア運営におけるブランドとビジネスのノウハウを、投資と運営を担当するベトナムのパートナーと共有する。

両者は、来年6月までにベトナム初の店舗をオープンする予定。

フランチャイズ契約は、安定したロイヤリティ収入を保証しながら、新しい市場でフランチャイザーのリスクと投資コストを削減できるため、優先される。BGF Retailは、地元企業とのフランチャイズ契約に基づき、昨年モンゴルにも進出した。

以前、20181月、大手コンビニチェーンオペレーターであるGS Retail Co.は、韓国のGS Retailとホーチミン市1区のベトナムのSonKim Landの合弁会社であるコンビニブランドGS25 Vietnamの最初のアウトレットをオープンした。

GS Retailが東南アジア企業への進出を地元企業Son Kim Groupと合意した後、約6か月後に店舗の立ち上げが行われた。

GS25ベトナムは、2018年にハノイ、ハイフォン、ダナン、カントーなどの主要都市に50店舗をオープンすることを目指している。10年以内には全国に2500店舗に拡大する予定。ただし、ブランドの店舗数は現在32

ベトナムは潜在的な市場と考えられており、平均経済成長率は6.8%、人口はまもなく1億人であり、その半数は30歳未満。

ただし、専門家によると、コンビニ業界は飽和点に近づいている。英国の市場調査会社Euromonitor Internationalによると、レビュー期間中、コンビニエは、ベトナムではまだ比較的新しい形式であったため、店舗数の点で急成長を記録した。

ただし、2018年、アウトレットの成長は大幅に鈍化した。多くの都市部ではコンビニが過密になっているが、農村部では、そこに投資する業界のプレーヤーに十分な需要がない。郊外および農村部では、コンビニは、ほとんど同一の商品をより安い価格で販売する多くの伝統的な食料品店、露店、カフェと競合している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月01日

このページのトップへ戻る