インドシナニュース

ベトナム:国内靴ブランドがカンボジア市場を征服する

Biti'sとして知られるBinh Tien Imex Corp., Pte., Ltd.は、カンボジアの首都プノンペンのChamkarmon地区に97日に最初の小売店を正式にオープンした。

ベトナムの高品質ブランド製品の1つとして、Bitiの履物製品は、2000年代初頭から地元の流通会社を通じてカンボジア市場で徐々に存在感を確立してきた。

市場に最初に参入して以来、Bitiの製品は、リーズナブルな価格、魅力的なデザイン、高品質のおかげで、カンボジアの消費者の信頼を獲得している。

カンボジアのパートナーと長い間協力してきたBitiは、カンボジアの首都の中心に子会社のBiti Cambodiaを設け、公式小売店をオープンし、公式に国内市場に参入した。

開会式で、カンボジア商務省次官のSam Sereirath氏は、カンボジア市場を正規販売店舗を開く場所として選択したBitiのおかげで、これがベトナムの履物をカンボジアの消費者に届ける良い機会となったと指摘した。

年平均7%の経済成長率を誇る隣国ベトナムは、強力な発展とコモディティ需要の増加により、経済軌道の正しい軌道に乗っている。

Biti CambodiaTran Kim Hanh副局長は、同社の製品はプノンペンでオープンする小売店に加えて、201910月までにAeon Mall Cambodiaでも販売される予定であると述べた。

カンボジア市場におけるBitiの履物製品の最大の課題の1つは、タイと中国の競合アイテムである。

Biti Cambodiaの代表者は、カンボジア市場で同社の商品は他の競合製品とは品質面では十分競争できると自信を示した。しかし、市場での中国製品の安売りについては懸念している。

Bitiは現在、従業員数8200人以上、製造工場4工場、7つの支店を持ち、その下には全国63省と市で173のマーケティングストアと1000を超えるディストリビューターを管理している。

Biti'sは年間製品各種2000万点以上を市場に供給している。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月13日

このページのトップへ戻る