インドシナニュース

ベトナム:第4次産業革命のスタートアップ企業、6ヶ月間で約14万米ドルの収益(前)

限られた資本、小規模な製造拠点、そして世界市場での最低限の経験のみを持つ2つのミレニアル世代のスタートアップ企業は、ベトナムの手工芸品を世界中の顧客に届けることに情熱を傾けてきた。成功を確実にするために彼らがとったあらゆる難題を克服するための秘策を見ていこう。

 

収益の90%はAmazonから

ITの学位を取得し大学を卒業したTony Trieu氏は、独立性、柔軟性、および高い収入を得ることができるキャリアパスを追求したいと考えていたため、別の方向性(ビジネス)に進むことを決意した。

ハンドメイド製品の製造と供給を専門とするEcomstoneの設立以前、Tony Trieu氏は店舗やレストランに挑戦したがどれも失敗に終わった。その後、彼は中国の手工芸品の輸入に切り替えたが、それはリソース不足と複雑な規制のためにうまく行かなかった。

幸い、彼はすぐにベトナムの手工芸品の取引をする新しいチャンスを得た。

「ベトナムのハンドメイド製品は、世界規模で他の国々と競争するのに十分洗練されていることに気づきました。なので、輸入するのではなく、輸出するのはどうか、と思ったのです」とTony氏は述べた。

当時、Tony Trieu氏は、小規模事業、限られた資本、世界市場に関する経験と知識の欠如、そして言葉の壁など、数多くの課題に直面していた。しかし、彼は伝統的な商品の輸入経験を活かし、業者として活動するより良い方法があるかもしれないことに気づいた。

彼は電子商取引チャネルでの事業経験があったので、国際市場に到達するための潜在的な方向として電子商取引を考慮し始めた。

「私はビジネスに対しては野心的ですが、『所帯持ちの男性』として、妻や子供たちを無視してビジネスに全てを費やすことはしたくありません。ですので、私は自分のビジネスを自動化する方法を見つける必要があったのです。Amazonは私の製品をより簡単にグローバル化するために頭に浮かんだ最初の企業名でした」とTony氏は語った。

この決断により、この若い実業家はたった6ヶ月で32億ベトナムドン(139000米ドル)以上の収入を得た。

Amazon Global Sellingからの実質的かつ包括的な支援を受け、創業1年後、私たちは収益を150%増加させました。現在、Ecomstoneの収益の90%Amazon marketplaceから発生しています」とTony Trieu氏は明らかにした。

Tony氏は、事業の大部分をAmazonに委託しており、事業効率だけでなく家族のために使える自由時間も評価している。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年07月13日

このページのトップへ戻る