インドシナニュース

カンボジア:現在の港湾における車両規制をめぐる議論

公共事業運輸省と国家警察の高官らは、シアヌークビルとプノンペンの各自治港における車両技術検査にかかる現行規制を正当化した。しかしカンボジア縫製製造業者協会(GMAC)は、この規制が縫製部門に悪影響を与えてると懸念を表明している。

Sun Chanthol公共事業運輸大臣は、検査を通過できなかった車両や有効な運転免許証を保有していない運転者に対し、港への進入を禁止した。GMACは政府に対し、カンボジアトラック協会に対する規制を一時的に緩和するよう求める声明を71日に発表した。

GMAC会員の多くは、原材料や最終製品を輸入する際、長蛇の列に並ばなければなりませんでした。これにより商品を予定通りに配送できず、金銭損失と購入業者からの信頼喪失を引き起こしています」と声明は述べている。

GMACKen Loo事務局長は、公共事業運輸省での記者会見後、記者団に対し、今回の検査で港湾から多数のトラック輸送会社が出てきた、と言った。これにより、衣料品工場との間の物資輸送が混乱したという。

「トラック運送会社は深刻な影響を受けました。彼らは罰金を科せられるのを恐れて、工場に品物を受け入れません。工場は購入業者に対して責任を持たなければなりません。工場で損失が発生した場合、誰が責任を負うのでしょうか?[一部の]工場のオーナーは泣き叫んでいます」と彼は言った。

トラック運送会社のオーナーであるChhay氏は、検査官はしばしば多くのドライバーが支払うことが不可能な金額を要求すると主張する。

「タンクローリーは警察の罰金を恐れて港には行きません。警察はすべての瑕疵を見つけます。そして彼らは数百ドルを要求します。こんな風に人を調べるというのは、カンボジア人や縫製工場の労働者を虐待しているようなものです」とChhay氏は言う。

公共事業運輸省の州運輸長官であるSeng Chhuon氏は記者会見で、ほとんどの車両は技術基準を満たしていると述べた。技術基準を満たしていない大型トラックは少なく、一部の運転手が検査に協力しなかったため、混乱が起きたという。彼は当局の汚職疑惑を一蹴した。

「企業の所有者たちは我々当局が、彼らを罰金に科し、金銭を奪うと述べています。表に示された金額として、すべての罰金は公開されていることを確認させていただきたいのですが」

Hoem Yan副長官は記者会見で、同省はプノンペンとシアヌークビルの各自治区の港にて、15日以内に合計1954台のトラックを検査したことを明らかにした。Yan副長官によると、全体の11%を占める約300台のトラックが交通法規に違反し、透明性のある方法で道路交通法に基づき罰金を科されたという。

「物資の輸送遅延については、混雑を避けるようにしています。当局がすべての人の安全のために法を執行していることを述べたい。車両の技術検査を怠れば、さらに損失が増えるのです」と彼は述べた。

Yan副長官によると、罰金は法律に従って、15000カンボジアリエルから125000カンボジアリエル(3.75~31.25米ドル)、であり、有効な運転免許証またはナンバープレートを持っていない場合は80万カンボジアリエルまで科される。その上で、「検査の結果は良好で、交通事故も減らせます」と話した。「批判のいくつかは誤りです。私はそれらすべてに反論します」と彼は言った。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年07月10日

このページのトップへ戻る