インドシナニュース

ベトナム:輸入生地が急増

ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、繊維産業が生地の輸入を増やさなければならない根本的な理由は、一部の地域では繊維産業、特に染色に対して「アレルギー」があるという現在の状況による。

商工省は、ベトナムが10億米ドルを超える21の商品を輸入したことを報告した。これは、今年の最初の5ヶ月間の総輸入高の80.3%を占める。電子部品、機械、織物、鉄鋼、プラスチックなど、一部の品目は前年同期比で増加した。

中国からベトナムに輸出された織物は急激に増加しており、その国の織物輸入総売上高の57.3%を占めている。そのため、Giang会長は、国内の繊維産業を促進するための3つの提言を行った。

第一に、織物および染色産業に投資する工業団地を迅速に設立する必要がある。第二に、商工省は、繊維産業との支援プラットフォームを構築する戦略の中心となる。最後に、法的基盤を構築するための透明性が必要。

したがって、繊維産業は、全般的には早急に輸入原料に依存しないで済む体制作りが必要で、特に、生地は輸出時に付加される価値を向上させ、自由貿易協定の利点を活用できるようにしなくてはならない。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月13日

このページのトップへ戻る