インドシナニュース

ベトナム:ホーチミン市にて国際デニムサプライチェーン展が開催

 

6月12日、ホーチミン市で国際デニム・スポーツウェア サプライチェーン展「第4回Denimsandjeans Vietnam」が開催予定である。
2日間の展示会には、10カ国から40以上のデニム企業が出展し、デニムのサプライチェーンパートナーと専門家が1つのプラットフォームに集まり、新しい市場動向に乗じることができる。
「ベトナムは、ここ数ヶ月でEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などのビジネス協定だけでなく、現行の米中貿易戦争により重要性を増しています」と展示会主催者は述べた。
中国は米国からの圧力にさらされており、人件費が上昇しているためベトナムは良い市場である。Prosperity、Blackpeony、Foison Textile、XDD Textile、Chanzhou Thome Textile、Zhejiang Xinlan Textile、Guangzhou Indenim Textileを含む、中国と香港の大手デニム生地サプライヤーがこのイベントに出展している。Prosperity Textileは最近、ベトナムに工場を建設し、操業を開始した。
また、インドの生地はベトナムで7.5%の関税しか課されていないので、インドも大きな利点を得ている。さらに、両国間は良好な外交関係にあるため、将来的には関税が削減されることが予想される。インドからは、Arvind Ltd.、KG Fabriks、Bhaskar Denim、Anubha Industries、Malwa、Ramsonsが出展している。
また、ベトナムが米国への輸出を拡大しているため、パキスタンにとってもベトナムは最も戦略的に成長している市場の1つである。パキスタンからは、Artistic Milliners、Kassim Denim、Crescent Bahuman、Soorty、Indigo Textile、そしてUS Denim Millsが展示される。これらの企業はすべて、Levis、H&M、Tesco、Inditex、C&A、PVH、GAP、Li&Fungなどのデニムブランド/小売店に提供している。
海外の出展者のほかに、今回の展示会には、TCE Vina Denim、T&T Garments、Resource Garments、Rose Garment、Jeans Lifeなど、ベトナムからも数々の有名なアパレル製品輸出業者が出展する。
「私の地球、私のデニム」をテーマにした展示会は今回も持続可能性の重要性を強調している。
「ベトナムは、地方自治体の法律により持続可能な生産がさまざまな方法で確保されているという点において、幸運にも非常にバランスのとれた方法でデニム産業を始めています。これは、産業界が環境への影響を最小限に抑えるのに役立つ機械や設備への投資を促し、推進に繋がりました」とDenimsandjeans.comの創設者で最高経営責任者(CEO)のSandeep Agarwal氏は述べた。
展示会初日の夜には、伝統衣装のスペシャルショー「アオザイ・デニムショー」では、デニムのひねりを加えたベトナム伝統衣装のアオザイを発表する予定である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月12日

このページのトップへ戻る