インドシナニュース

ベトナム:繊維産業はグリーンスタンダードを目指す

繊維・アパレル産業は、グリーン製造を中心とした自由貿易協定(FTA)を活用することを目的とし、2025年までに600億米ドルの輸出黒字を達成できる見込みだ。

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、昨年、同産業は前年同期比16%増となる360億米ドルの輸出黒字を達成し、世界の三大輸出国のひとつとなった。

VITAS会長であるVũ Đức Giang氏によれば、今年の同協会の輸出目標は、前年同期比で11%増加の400億米ドルである。Giang氏は、ホーチミン市で開催された、先週の2019年のグローバルテキスタイル&アパレルサプライチェーン会議において、業界は200億米ドルの貿易黒字を享受し、285万人の労働者を雇用すると予想されていることを述べた。繊維企業は今年の受注に明るい兆しを見せている、と彼は言う。

「多くの企業はすでに2019年の上半期6ヶ月間、さらには1年間の注文を既に受けています」と彼は続けた。

業界への資本フローが増加し、国が繊維・アパレルのサプライチェーンを徐々に完成させた一方で、新しいFTAの施行も今年の業界にとって良い要因となるだろう。

今年は、包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)が、繊維およびアパレル業界を含むベトナムの多くの業界の発展を後押しすることが期待されている。業界はまた、長引く米中貿易戦争のため、中国からベトナムへより多くの注文が流れることを期待している。



課題

ベトナムは16FTAに加盟している。 ASEAN物品貿易協定、ASEAN中国FTAASEAN韓国FTAを含む、12の署名済み協定のうち10は実施されているが、残りの2つであるCPTPPASEAN香港FTAについてはまだ施行されていない。

VITASによると、さまざまなFTAに参加することで、ベトナム企業は自社製品の輸出におけるより多くの選択肢を得ることができるが、それはまた業界にも課題をもたらすという。ベトナムが調印したFTAはすべて、より厳しいグリーン基準を持つ環境水準におけるハードルがあり、企業は製品の品質だけでなく生産プロセスも改善する必要がある。企業がこの水準に達しない場合、その注文、特に主要な国際的なアパレルブランドからの注文が、停止または拒否される危険性がある。ほとんどのベトナムの繊維・アパレル企業はアウトソーシングであるため、他国からの注文に大きく依存している。

世界中の顧客は今や、より環境に配慮しており、グローバルブランドはより高い環境基準および社会基準を含むように事業を改善することを余儀なくされている。



持続可能なものづくり

Giang氏は、ベトナムが製造業における環境保護を確実にするための努力を継続し、繊維・アパレルの「選ばれた持続可能な供給者」になるべきであると勧告する。Giang氏によると、ベトナムは経済的、社会的および環境的利益を確実にするため、持続可能な開発目標-2030アジェンダにおける、17の目標を完全に実行することを約束した。

21世紀における最大級の世界的課題に対応するための共通の責任を実行することで、ベトナムと国際社会は2015年に気候変動に関するパリ協定を批准しました。そして、繊維産業はそのコミットメントの一部です」と彼は言う。

ホーチミン市のVITAS事務所の代表Nguyễn Thị Tuyết Mai氏は、多くの省で繊維・アパレル産業のために独自の工業団地を設立したと述べた。工業団地は廃水処理システムに投資、またそれを稼働させ、生産プロセスにおける環境保護に対する企業責任を全うしようとしている。

VITAS3年前に環境委員会を設置し、Green the Textile and Apparel Industryグループの行動プログラムに参加している。さらに昨年、VITASと世界自然保護基金(WWF)は、グリーン繊維産業のためのプロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトは、国内の繊維産業の企業が、河川流域の管理や水質を改善し、持続可能なエネルギーを利用するよう奨励することを目的としている。

WWF-Greater MekongMarc Goichot氏は、ベトナムの繊維産業をグリーン化することは、地球規模の環境問題である河川の統治とエネルギーの持続可能性に取り組むという、より広い目標を達成するのに役立つと述べた。6000の工場、約300万人の従業員を抱え、ベトナムの繊維・アパレル産業は輸出の15%を占める。

だが、産業は深刻な環境影響を引き起こしている。産業における集中的な水源の利用、廃水の放流、および加熱によるスチーム利用などの高いエネルギー消費は、水資源や温室効果ガスの排出量に深刻な影響を及ぼす恐れがある。業界が成長し続けるにつれて、その影響を減らすための実効的な改善が必要となるだろう。国連は、2030年までに世界全体で40%の水不足が起こると予測している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月17日

このページのトップへ戻る