インドシナニュース

ベトナム:商工省、オンライン上での偽造品の取締りを強化

商工省(MoIT)は、Eコマースウェブサイトに偽造品が出回るのを防止するための解決策を模索している、と同省の関係者はハノイで開催された最近の会議で語った。

商工省のベトナムEコマース・デジタルエコノミー部、Eコマース管理部門の責任者であるNguyen Huu Tuan氏は、2018年はオンラインビジネスにとって最も忙しい年であり、その成長率は30%以上であると語る。

2019年と2020年にもこのレベルの成長が続くと、市場は130億米ドルに達するでしょう」

しかし同氏は、Eコマース部門の管理は、業界の予想を上回る急速な成長と発展に追いつけていないため、困難に直面していると述べた。

「これはベトナムだけでなく、他の多くの国々にとっても難しい課題です。欧州では、オンライン注文時に最大55%の顧客が偽造品を受け取っています」とTuan氏は述べる。

Eコマースサイトにおける偽造品問題は、ベトナムの国の管理機関にとって頭痛の種だ。

2018年には、情報の透明性、取引、および顧客との契約に関する問題など、Eコマース事業で約250もの違反が摘発された。ECに関する政令52 / 2013 / ND-CPは、支払、情報の透明性、および消費者保護に関連するすべての問題を網羅しているわけではない、とTuan氏は言う。

ピアツーピア(P2P)など、ベトナムではまだ許可されていないオンライン融資モデルに関し、Tuan氏は、これは比較的新しい分野であり、このモデルに適応するような法律が完全に整備されていないと述べる。

さらに、EコマースWebサイトの管理に関する商工省の通達 No.47 / 2014 / TT-BCTでは、金融分野のWebサイトは除外されている。

「金融セグメントは、財務省とベトナム国家銀行の管理によります。ピアツーピア融資はまだ明確に定義されていないため、ライセンスを供与することはできません」とTuan氏は述べる。

「政府はこの問題を解決するために省庁を割り当てました」と彼は付け加えた。

 

課題

Tuan氏は、ベトナムのEコマース・デジタルエコノミー部は、急速な市場の成長への備え、Eコマース活動における法的枠組みの作成、および偽造品取引を阻止するための解決策に注力していると述べる。

Eコマース事業は通常のマーケットのように運営されています。Eコマースプラットフォームで販売されている商品を確認したい場合は、通常販売におけるような検査方法を行う必要があります」とTuan氏は言う。

偽造品を制限するため、商工省は、消費者を保護する法的なフレームワークを作成する政令52の改正を含む、いくつかの重要分野に力を入れている。代理店は税関当局、市場監視チーム、および警察と緊密に連携し、オンライン販売される品質の低い商品を徹底的に排除する。

商工省は、Eコマースサイトでの偽造品および密輸品の取引を防止するためのマスタープランを作成するため、密輸、不正取引、および偽造品に関する全国運営委員会(National Steering Committee 389)を打ち立てている。 Tuan氏によると、これはなるべく早期に政府に提出するという。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月11日

このページのトップへ戻る