インドシナニュース

ミャンマー:欧州市場のサプライヤーである縫製工場が労働組合代表を標的にしていると非難(3)

2より)

 

突然の閉鎖

Fu Yuenの労働者は少なくともまだ仕事を続けられている。

だが、Hlaing Tharyar TownshipAnawrahta工業団地にあるShyang Jhuo Yue Co Ltd靴工場の従業員はそれほど幸運ではなかった。

12月下旬に、世界的なスポーツウェア企業であるアディダスに製品供給していたその工場は、解雇された組合員を復職させるというヤンゴン地域仲裁評議会との合意を守らず、閉鎖した。CTUMは、Shyang Jhuo Yueによるこの労働者の弾圧は、2011年労働組織法に違反すると表明している。

この工場は、201871日付けで多国籍企業7社のミャンマーにおける主要サプライヤーまた請負企業となっており、またアディダスの主要サプライヤーでもあった。

昨年7月、労働組合の24歳の会計係であるMa Htay Htay Win氏が年次休暇申請を提出し、その10日後に職場に戻ったときに解雇を告げられたことをきっかけに、労働者と工場経営者の関係が悪化し始めた。

昨年1129日、ヤンゴン管区仲裁評議会はShyang Jhuo YueHtay Htay Win氏を復職させ、失業中の2ヶ月間を補償するよう命じたものの、工場側はその要求を無視している。判決後間もなく労働者らは、Shyang Jhuo YueのゼネラルマネージャーであるMico Ho氏が、工場は1210日から27日まで一時的に操業停止することを決定したと述べている。

労働者は、工場は永久閉鎖されるわけではないということが表明されていたにもかかわらず、1227日に職場に戻ると、管理者から工場の操業停止を告げられたと言う。

労働者らとCTUMは工場閉鎖が労働組合法の6つの条項に違反すると述べる。彼らはこれにはセクション37、すなわち雇用主は職場を閉鎖する決定を14日前に通知しなければならず、関連する調停機関の許可がある場合にのみ閉鎖手続を進めることができる、という条項も含まれると言う。

1月中旬には、労働者は法律を尊重したうえでの工場の再開と、経営者が登録労働組合を承認し、仲裁評議会の判決に従うよう抗議した。124日に仲裁評議会に提出された陳情において、工場労働者は操業再開するか、あるいはBagoMaekhone村にあるShyang Peng Cheng Co Ltd靴工場で働けるよう工面することを申し立てた。

CTUMいわく、Shyang Jhuo Yueと提携しているShyang Peng Chengは、アディダスの請負企業としてまた知られている。Shyang Jhuo Yueは本紙Frontierには、そのような提携の事実はないと否認している。

ミャンマーの産業労働者連盟の会長でもあるKhaing Zar Aung氏は、Shyang Jhuo Yueが引き続き労働法に違反し、操業再開せず、また労働者を復職させなければ、労働組合幹部がアディダスとの関係を強調する「国際キャンペーン」を開始すると警告した。「アディダスはミャンマーに来て、現場を視察する必要があるでしょう」と彼女は付け加える。

アディダスのスポークスマンStefan Pursche氏はFrontierに対し、同社は状況認識していると語った。「問題のサプライヤーであるShyang Jhuo Yueは、工場閉鎖と計画されていた抗議など、関連する労働組合との協議について事前に私たちに通知しています。我々の知る限りでは、経営陣は地元の労働省と前広に相談し、退職金の支払を含む法的要件の遵守を行いました」と彼は述べた。同氏は、アディダスは考えうる懸念に対処するため、労働・移民人口省の関与のもと、CTUMとの議論を継続するよう工場管理者に積極的に奨励している、と続けた。

「アディダスは、私たちの世界的なサプライチェーン全体を通して、工場における公正な労働慣行、公正な賃金、および安全な労働条件の確保に尽力しています。」とPursche氏は付け加えた。

Shyang Jhuo Yueの人事マネージャーであり、また政府文書によると同社の社外取締役の法定代理人でもあるDaw Shwe Yee Myint氏は「メディアに伝えるものがあれば、私から連絡します。」と、Frontierのインタビューを拒否した。

投資企業管理局の記録によると、Shyang Jhuo Yue Co Ltdには6人の取締役がおり、そのうち5人は台湾人、1人は日本人である。Htay Htay Win氏と同僚は、彼女の解雇は労働組合に参加しないよう、工場の従業員に警告を送る意図があったと考えている。

「私は4年以上の職務経験がありますが、(別の)仕事を見つけることができません。」とShyang Jhuo Yueの労働組合秘書を務めたKo Ye Lynn Bo氏は、1月下旬にFrontierに語った。Ye Lynn Bo氏は、Shyang Jhuo Yueの写真、住所、市民権カード番号、その他の130人を超える労働者に関する個人情報は、提携工場とその経営者が共有しているだろうと語る。

 

(4につづく)



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月16日

このページのトップへ戻る