インドシナニュース

ベトナム:2018年、電子商取引業界が急成長

現地の新聞は、2018年の電子商取引における6つの注目すべきニュースに着目した。

 

1. 20183月に、アマゾンがベトナムで開業するという噂があった。しかし、アマゾンの代表は後に、アマゾンでの製品販売を目的にベトナム企業を支援する計画のみしたと説明した。

2. 中国人のZhang YiXing氏(36歳)は、Lazada Vietnamの新しい最高経営責任者(CEO)に任命された。彼は621日に就任し、現在はラザダベトナムの法定代理人を務めている。

前任者はフランス人のAlexandre Joel David Sylvain Dardy氏(42歳)で、4年間務めた。Zhang YiXing氏は、Alibabaの社長Jack Ma氏の後任者であるDaniel Zhangのアシスタントであった。

Zhang YiXing氏の任命前、AlibabaLazada東南アジアマネージャーにLucy Peng氏を新CEOに任命することによってに代替えされた。しかし、9ヵ月後Peng氏は辞任し、電子商取引会社の共同創設者であるPierre Poignant氏が後任に就いた。

東南アジア最大の電子商取引企業に40億米ドルを注ぎ込んだ後の上級クラスの人事配置は、Lazadaを再編するというAlibabaの野心的な計画を示している。

3. 8月上旬、多くのベトナム人の親がShopeeで購入した子供向けの地図において深刻な問題を発見した。その地図は歴史を歪曲して中国が作った「牛の舌(中国による南シナ海を中国領海とする主張)」を示していた。

Shopeeは直ちに同プラットフォームから商品を削除し、売り手のアカウントをブロックした。担当機関はShopeeから30箱の同地図を押収した。

この事件は、電子商取引の売買における製品の品質管理能力について警鐘を鳴らした。これが、低品質の偽造品や違法な製品がオンライン市場で入手できる理由である。

4. 8月中旬、アジアの報道機関は、日本のSBIホールディングスが率いる8人の投資家が、電子商取引ウェブサイトのSendo5100万米ドルを追加投入したと報じた。この投資は、2020年までに100億米ドルの期待値と年率30%の成長率を見込んでいる市場シェアをめぐる闘いにおいて、Sendoのライバル企業との競争における後押しとなるだろう。

また2018年にはAlibabaLazada東南アジアに20億米ドル以上投資し、一方東南アジアは12000億ベトナムドン、またShopee Vietnamでは5000万米ドル以上を汲み上げた。

しかし、大きな投資にもかかわらず、ベトナムのすべての電子商取引企業は損失を報告した。

5.3四半期の終わりには、毎月のページビュー数においてShopeeが初めてLazadaを上回り、ベトナムの電子商取引市場をリードした(Iprice Insightsによると3450万ビュー)。

トップ5の他の大手企業は、LazadaTikiSendoAdayroiが含まれる。

6. 4-5年の運営期間後、にThegioididong.comを上回ると予測されていた Vuivui.comは、サイトを閉鎖した。1127日以降、vuivui.comにアクセスしている顧客はBach Hoa Xanhのウェブサイトにリダイレクトされている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年01月14日

このページのトップへ戻る