インドシナニュース

タイ:新時代のテクノロジーと伝統的な織物の融合

タイの科学サービス局、タイの天然染色された手織り布を販促するアプリを開始

 

先月末開始されたQuaint on Sukhumvit Soi 61でタイの繊維産業の向上を目指す新しいアプリが、オンラインカタログの一種として機能することで、王国の布に抵抗できない人々を魅了し始めている。

The Colour ID Labellingアプリは、科学サービス局が運営する「天然色手織り布へ付加価値をもたらそう」プロジェクトの一部である。

「私たちの目標は、特にタイの生地以外からアパレル製品を作りたいデザイナーの間に天然色の手織り生地を広めていくことでした。織物メーカーは、生地織りおよび染色で独自の方法を持っているため、このアプリでは国際的なカラーコード形式で陰影を示す科学技術を使用しています。これにより、同アプリユーザーは、必要な色をより簡単に選択し、アプリに用意されている製造現場の1つから直接注文することができます。このアプリがタイの繊維企業の能力が上がり、世界的に認知度を高めることを願っています」と、Umaporn Sukmoung局長は述べた。

このアプリは、Sakon Nakhon、Nakhon Phanom、Mukdahan、Chaiyaphum、Buriram、Surinの6県の20の最良の原料から天然染色の手織りの織物を提供している。

各カテゴリーは、着色過程で使用される材料および成分に従って異なる色合いで識別され、静止画および動画形式の両方で製造プロセスを表示するQRおよびARコードテクノロジーと組み合わせられる。

生産者の大部分はSakon Nakhon県から来ており、Phuthai Runniの繊維村Ban Lao Yai、女性のコミュニティ企業Moo 8、Ban Choeng Doyの藍染のコミュニティ企業、Mae Thongsiriの第2の女性繊維織物グループ、 Ban Nong Krongの藍染グループ、Ban Nakhamの藍染グループ、Ban Panna天然色繊維グループ、Ban Na Nguaの織機織布グループなども含まれる。

ナコーンパノム県の情報源はBan Na Koy自給自足の村落学習センターおよびBan Khok Saadの女性の綿織物グループとして掲載されている。

MukdahanにはMae Wiang Ban Kam Aa-Haunグループ、Ban Khun Ya手織り布繊維グループ、Ban PhuとSurinのシルクコミュニティエンタープライズグループには、古典的な天然色のMudmee Hol、Banduの天然色シルク、Ban Rangoシルクを提供している。

チャイヤプーム県出身のグループは、天然色繊維のNong Bua DaengCommunity Enterpriseと、Ban Kwao subDistrictの養蚕村、ブリーラムのNa Pho Districtハンドクラフトセンターである。

それは、流れる川とタイ北東部の光のボートパレード・フェスティバル (ライルアファイ)に触発されたNadiya JadynIsaan氏のデザイナーでクリエイティブディレクターのNattiya SooksathanIsaan氏による、花びらと心材を染料として使用した「青い航海と花びらの道」コレクションのファッションショーとともに絶妙な天然染色タイ繊維の展示が行われた。

同コレクションの特別な衣装も展示会の一部であり、コレクションの他の服と同様に、幾何学的な形状とプリーツの組み合わせによって川の流れを表現した。

天然リネン布を使用して手触りを加えたもので、毎日の着用に理想的であり、アンサンブルは伝統的なタイのショールで完成した。

Nattiya氏の作品はPattarat Ardwong、Pimsiri Nakswasdi、Arisa Aswanichakorn、Amata-Pasara Chittasenee、Yuwared Sarutanond、Dr Thitiporn Sanguanpiyapan、Nattakorn Choonhavan、Natprapa Choonhavan、Karuna Vatchanaphukka、Pavenelak Limpichart、Siripa Intavichein、Wanchana Eiampikul、Pattaporn Salirathwipak、Pattapan Salirathwipak、Chaninthida Chantarubeksa、Kittinan Tungsirimanakul、Pipatchara Kaeojinda、Vichada Poolpholなどのデザイナーやセレブリティからの大きな喝采を受けた。

「私はイーサーンの人々の生活様式を体験する機会を得て、織り手がどのように伝統的なタイの知恵と精巧な職人技を守っているかをこの目で見ました。私は、私の好きな織物を使用してモダンなスタイルでこの経験を表現たいのです。

私はインドに行った際、Mudmee布製のピンクのドレスを着ていたら多くの褒め言葉や写真撮影を求められました」と、ファッショニスタPearypieとして知られているAmata氏は語った。

Chaninthida氏もまたタイ繊維をこよなく愛しており、長い間研究している。「私のお気に入りは、泥で発酵した布です。とても着心地が良いのです。

タイの布を使用してズボンやスカートを作ってベーシックなトップスと合わせたり、タイの生地からヘッドバンドやショールなどのアクセサリーを作ります。私は特に独特の柄の布に興味があります。

私は、宗教的な行事や高齢の親戚と会う時などの特別な日にはいつもタイの生地の服を着ます。人々から誉め言葉をもらう時にとても誇りに感じます。」と彼女は言った。

Yuwared氏は、タイ繊維のユニークな魅力は、それが適切かつ洗練されているからだと言う。

「私は最近、タイの最高齢僧侶、サンガラージャに会った際、タイ生地の衣装を着ました。私のお気に入りの繊維は、様々な柄のmudmeeシルクです。この布生地は非常に用途が広いので、シルクのスカートとシックなシャツを合わせることで、ファッショナブルなスタイルに仕上げることができ、タイの布生地から作られたバッグでスタイル完成できるのです。」

「私は母親(Pimpawan Limpichart)がいつもタイ背にの服を身に着けていたので、タイの織物と共に育ちました。私は彼女のように、タイの生地をカジュアルで着やすい服に使用しました。私はズボンには無地でシンプルな自然色の織物が好きです。それらをノースリーブのトップスとシルバーアクセサリと合わせて着ます。

私はこのスタイルの衣装をイギリスのファッションショーで着用し、多くの外国人はタイの織物に非常に関心を持ち始めました。」とPavenelak氏は語った。

 

タイ ジャンル:
最終更新:2018年09月14日

このページのトップへ戻る