インドシナニュース

カンボジア:アメリカ向け輸出、26%増

729日の国家選挙の緊張にもかかわらず、今年上半期にアメリカへの輸出は26%増加した。

これは、アメリカへの輸出の伸びが一桁であった昨年とは対照的である。

アメリカ政府の最新の貿易データによると、1月から6月にかけてもたらされたカンボジアからの商品は、総額172000万米ドルで、2016年上半期と比較して昨年の4.5%より26%増加した。

このデータはまた、アメリカが21200万米ドル相当の商品をカンボジアに輸出したことも示した。

最高国家経済評議会の上級顧問であるMey Kalyan氏は、上半期の業績は、同国の輸出能力を強化する積極的な動きだと述べた。

彼は、昨年の両国間の政治的緊張にもかかわらず、経済関係を強化するための努力がいまだに行われていると指摘した。

「貧しい政治情勢が貿易にマイナスの影響を与えていないことを示しています」と述べた。

カンボジアのアメリカへの輸出の大半は衣料品と履物であった。カンボジア製旅行用品のアメリカへの輸出は、20167月に多くの品目が免税品目として認定されたこともあり、大幅に増えた。

カンボジアからアメリカへのスーツケースやハンドバッグなどの旅行用品の輸出は、2016年までに年間約5000万米ドルであったが、今年上半期には合計で16000万米ドルとなった。

しかし、今年下半期に輸出実績が打撃を受けるとの見方もある。

カンボジアとの関税引き下げ見通しについて、世界最大の消費者市場であるアメリカがすでに729日の調査を不公平としているとの懸念がある。

それにもかかわらず、カンボジアのアパレル製造業者協会(GMAC)の副総裁であるKiang Monika氏は、選挙後の安定に伴って、さらなる輸出拡大の楽観的な見方があると述べた。

「私は政治情勢の心配はしていません。それよりも賃金上昇と強制労働者の給与に関する規定を心配しています。生産性上昇率は賃金上昇率よりも遅れています」と述べた。

「賃金政策では適切に行動する必要があり、そうでなければ競争力を損なう可能性があります。私たちは契約を結んでいる製造業者なので、人件費が私たちの主要な要素です」と述べた。

 

真の素晴らしさ

Monika氏は、今年上半期のカンボジアのアパレル輸出は14%の成長率を記録したと語った。彼は何年もの停滞の後でこれが本当に素晴らしいと言い、中国からますます注文がくると説明した。

カンボジア協力平和研究所(CICP)の研究ディレクターであるChap Sotharith氏は、カンボジアからアメリカへの将来の輸出はプラスに留まると推測した。

「貿易の面では、アメリカはカンボジアの業績を傷つける決断をしない」と述べるも、カンボジアは貿易特権なしで苦しむことになると認めている。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年08月13日

このページのトップへ戻る