インドシナニュース

ベトナム:繊維製品での韓国とのパートナーシップに明るい見通し

ベトナムと韓国は繊維部門において、技術と人材を補完する協力体制を整えることで成功を収めた。

ホーチミン市の韓国総領事館貿易参事官のAhn Seong Ho氏によれば、ベトナムと韓国の経済協力は長年に渡り実りが多かった。2017年の二国間貿易は年間で20%以上伸び640億米ドルに達した。Vietnam-Korea Free Trade Agreement VKFTA)はまもなく発効され、二国間貿易にさらなるチャンスをもたらすとみている。

韓国は技術分野に強みを持ち、ベトナムには労働力が豊富にある。これが二国間貿易の代替要因であるとAhn Seong Ho氏は述べた。

韓国企業は2017年、ベトナムの44の繊維プロジェクトに投資し、総登記資本金は17816万米ドルであった。これらのプロジェクトは最新技術を使い、特定のデザインに焦点をあてている。

韓国国際貿易協会の統計によると、ベトナムの繊維製品は2018年の当初3カ月、金額では韓国市場で34.05%を占め年率2.33%伸びた。これにより、ベトナムは繊維輸出で中国を上回りトップになった。

ベトナム繊維協会(VITAS)会長のVu Duc Giang氏は、韓国はベトナムへの海外直接投資が最も多い国の1つであり、繊維部門への投資が顕著だと述べた。

また、繊維産業におけるベトナムと韓国の協力強化のため、ベトナム繊維協会と韓国産業技術研究院(KITECH)は、数々の輸出を促進する活動、技術移転、人材育成を過去3年間共に企画してきた。

Vu Duc Giang氏は、ベトナム繊維協会と韓国産業技術研究院は今後、両国協力強化に向けた計画を策定したと話した。

韓国を拠点とするE-Land GroupFashion Sales Researchの所長であるNam Seung Il氏は、衣類の素材や機能に注視し韓国市場でのシェア拡大を目指すベトナム企業にアドバイスした。

それによれば、衣類はしわになりにくく、速乾性があり、着心地が重要で、韓国消費者は暖かさが増すので羽毛付きの商品を好むと提案した。

専門家は、ファッションは季節的傾向から流行のライフサイクルが45週間の周期的傾向に変わりつつあると説明した。結果として、製造時間短縮のため繊維製品の自動化技術が必要になった。これにより、商品を店舗に早く陳列することが可能になる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月13日

このページのトップへ戻る