インドシナニュース

ベトナム:アディダスとナイキ、靴製品の主要製造機能を移管

アディダスとナイキは、靴製品の製造を中国からベトナムへ移管した。

スポーツアパレルメーカーのアディダスとナイキは、製造工程の機能を中国からベトナムへ移管した。

アディダスは2010年から中国での靴製品の生産量を半減し、ほとんどの生産機能をベトナムに移してきた。

さらにベトナムは、10年以上ナイキの靴製品の主な製造機能を果たしてきた中国を追い越したとQuartzは報道している。

日本のアパレル企業ユニクロは、昨年の間にベトナムの製造業者を40%増加した。

多くの企業が、電子機器などの高価値製品の製造を推進している中国から、靴製品の製造移管したことが知られている。

移管に注目が浴びる中でも、労働者の平均賃金が技術レベルと共に上昇しているという理由から、多くの企業がより賃金の低い東南アジアに注目している。

最も知られている供給移管モデルは、「中国+1」から「中国+ベトナム+1」へと変化してきている、と米国のアパレル企業に関する米国ファッション産業協会の調査で報告されている。

さらに、近年は3050%を中国で、1130%をベトナムで、残りを他の国々で生産することが典型的な体制となっている、と続けている。

インドネシアも、繊維製造で人気のアジア国となっている。1位のベトナムに続き、2番目に主要なアディダスの靴製品製造国として、中国の上位として位置付けられている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年05月18日

このページのトップへ戻る